煙草休憩という謎特権を正当化するための方法

煙草が吸いたい、そう思ってしまったら仕方がない。業務を10分ほど抜けて喫煙室でお喋りしながら休憩する。非喫煙者からしたらずるいと感じてしまうこの煙草休憩。正当化する簡単な方法は「その分、非喫煙者は有給を取って良いよ」でし

Read more