セクハラオヤジが再生産されないことを祈る:「それ上司の子どもにも出来るの?」

「なんでもセクハラと言われてしまったらコミュニケーションが取れないよ」とぼやく人は、上司の娘や奥さんにもセクハラコミュニケーションしか出来ないのでしょうか。そんなわけありませんよね。何がアウトなのかも、本当は気づけるはずです。

触られるだけでもありがたいと思え

仕事をしに来ているはずの職場で、美しさや家庭的な側面を求められ、その方向に進めなければ、いじられる。時代錯誤のハラスメントが蔓延する日本の職場。どうして女性たちは声を上げないのだろうか。

3回目の記事で書いたアキラさん(20代)の場合、このようなふるまいを求められていたと感じるのは社会人になってからに限らない。話は大学時代までさかのぼる。

「学生の時からそうだったんですよ。1~2年の時は男の子みたいな扱いされていて……まぁアキラは男だからみたいかな感じで言われて、化粧したりスカート履いたりすると笑われるみたいな。先輩たちから、そういうこと言われて怒ったり悲しんだりするのは大人じゃないとかサムイって言われて」

「3~4年になってから女としては扱われるようになったんですけど、何をしてもいい女の子、何をしても気にしない子みたいなかんじになっちゃって。ある男の先輩が胸とかお尻とかを触ってきて『ほんとやめてください』とか言うと、怒るのがお前サムイぞみたいなこと言われました」

「触られるだけでありがたいと思えみたいな感じ。こういうときにアハハって笑って受け流すのがいい女だぞ、って思ってるんですよね、そういう人たちは」

photo by iStock

どこの昭和のセクハラオヤジかと思うが、これはたかが3~4年前の話。相手の男性も当時大学生だ。このような中で、アキラさんは可愛げのある女の子路線に進む同期などを横目に、「コイツには何言ってもいい系女子」路線に突き進む。

 

via: 怒るのはサムイ?卑劣なハラスメントに女子が声を上げられない理由(中野 円佳) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

 

いじってもよい、という視線を捨てて欲しい

人をいじる人、それは「女性や自分より立場の低い人間を馬鹿にしたり、尊重しない態度を取る人」といえるでしょう。一般にセクハラオヤジと呼ばれるような人はまさにこれをしており、それを大学生という若い世代もしているというニュースです。

相手のことを尊重しないという言葉の内実は色々な解釈があるでしょうが、基本的に「上司の娘/息子にはしないこと」を人にするということは全部当てはまるでしょう。

相手の外見や趣味を公然と他の人がいるところで馬鹿にしたり、体に触れたり相手が怒ると「お前が怒ることは不当である」といった抑圧。こういうことは性別を問わず失礼な行為です。

 

上司の子どもにできますか?

上司の子どもに対して、気に食わないことがあると本を投げつけたり、お酒の場では「お前は顔が派手だから夜の仕事でもやっていたんだろう」などと言えるでしょうか。言えるわけがない。なぜならそれは、人を馬鹿にした言動であり尊重がない態度だからです。

それが自分の部下や後輩だと感覚が狂う。ファミレスやコンビニの店員だと感覚が狂う。何を言っても良い存在かのように取り扱う。対象が女性である場合にはセクハラになるようなケースもあるでしょう。

それを想像してできないことはしないようにしよう。よく「ハラスメントと言われるから何も言えなくなった」という人がいますが、大丈夫。上司の子どもと話せるなら誰とでもハラスメントにならないように話せるはずですよ。

(以下2017年10月20日19:20頃追記)

誰でも「セクハラオヤジ」になれる

恐ろしいなと思うのは、引用記事にもある通り別にこれは年齢の問題ではないということです。普通の大学の先輩後輩関係においても、サークルの人間関係においてもこういうことが普通に起きている。何度も再生産され、年代の変化によって改善されるものではないということ。

「セクハラオヤジ」という言葉は差別的で使いたくないのですが、わかりやすいので使ってしまいました。しかしこの記事を掲載した後にtwitterを検索していると「女性から女性のセクハラは抵抗しづらく話題にもしづらい」といったツイートもありました。

オヤジという言葉を使う時、僕達は無意識に男性にセクハラの罪を負わせてしまいがち。こういうことに気をつけているつもりだった僕も上記のように男性から女性へのセクハラのみを前提としたような記述をしてしまったことを反省しています。

根本にあるのは年齢でも性別でもなく、人に対する態度。人を尊重するときにしないようなことをしない。それがハラスメントを避けるための方法。人を尊重することの具体的なイメージをつかみたい人は「上司の子ども(性別を問わない)にそれが出来るかどうか」を考える。これが第一歩でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です