韓国でも5人に1人がニート、悪いのは社会だ

日本でも大問題になっているニート。実は他の国でも同様に問題視されています。なんと韓国の若者の5人に1人はニートという恐ろしい情報が報じられています。悪いのは彼らではなく、社会です。雇用率が高くなればニートが減ることからも明らか。。

ニート問題は国際的にも深刻化している
韓国青少年政策研究院が、9月25日に開かれた「NEET:国際的現況と対応」国際シンポジウムで発表した内容によれば、韓国国内において、学校にも通わず働きもしない「NEET(Not in Education, Employment or Training)」が、147万9000人になるという。これは経済協力開発機構(OECD)の平均を上回る数字である。
世代別にみると、15歳~19歳が約24万人、20歳~24歳が約47.5万人、25歳~29歳が76.4万人となっており、10代~20代のニートの数が147万人を超えた。

これを人口比で見た場合、15歳~19歳が8%、20歳~24歳が15.4%、25歳~29歳が22.8%となっており、25歳~29歳の層に至っては、5人に1人以上がニートという厳しい現実となっている。また15歳~24歳の層も、過去3年間の統計を見ると年々その比率は上がっており、当分の間、韓国社会はニート問題に頭を抱えなくてはいけない。

ニートと呼ばれる青少年のうち、中卒、高卒の比率が相対的に高く、特に20歳~24歳のニートのうちの46.6%が高卒未満であることから、進学戦争が過熱する韓国社会のひずみが見て取れる。

 

韓国のニートの約半数が学歴戦争の敗者! その数は年々増加

 

物凄い数のニート

一時期たくさん聞いたニートという言葉、最近はあまり聞かなくなりましたよね。勉強しているでも、働くでも、働くためのトレーニングも受けていない人達のことです。いわゆる引きこもり問題と合わせて、日本で随分騒がれたものです。そんなニートですが、いま韓国で社会問題になっているといいます。

 

20代の5人に1人がニートということですからとんでもない数ですね。40人のクラスなら実に8人が働くことも勉強することも働くためのトレーニングも受けていないという状況です。一体彼らはどんな人達なのでしょうか。

 

彼らのほとんどは、受験戦争の敗北者と言われています。実際、学歴によって相当数字の違いがあります。中卒、高卒のニートの割合は大卒のそれと比べて明確に高いのです。良い会社に入るには良い大学に入らなくてはなりません。一度でもレールを踏み外してしまうと、厳しい生活が待っているのです。日本とも同じものを感じますが、最近の日本はどうなっているのでしょうか。

 

日本のニートはどうなっているか

日本でも最も高いときだと実に16%も存在していたニートですが、実は今は11%くらいまで下がっているのです。一体なぜ5%も下がったのか。答えはシンプルで、彼らが働き口を見つけたからです。景気がよくなったので雇用が増えたので雇ってくれる企業が見つかったわけです。彼らは働きたくなかったのではなく、働くことが難しい状況だったのです。

 

 

とすると、最初からニートになりたい人ばかりなわけがないという当たり前のことに気付かされます。実際、ニートや引きこもりの多くの人が「本当は外に出なくちゃいけないとわかっている」と考えていることは事実です。しかし、社会的な制度設計や景気によって雇用を見つけづらくなってしまうために結果的にニートとして生きざるを得なくなってしまっていたわけです。

 

これは韓国も同様だろうと思います。もしも社会で働ける場所があるのなら、喜んで働き始めたい人は少なくないはずです。

 

自己責任論に落とし込めない部分がある

ニートや引きこもりという言葉を聞くと脊髄反射的に自己責任だ! と罵る人も少なくありませんが、実際自己責任でどうにかなることばかりではありません。実際の雇用口が存在する労働者より多ければ仕事にありつけない人が必然的に現れるように、ニートの問題も制度や構造的に必然的に発生してしまう面があったはずです。

 

そして一度職歴に空白が出来てしまうと、たとえ景気がよくなってきたとしても雑に扱われてしまったり、雑に扱われてしまうことを恐れてそもそも応募すらしなくなってしまう。それを自己責任と言うことは安易だし、事実の誤認があると言って良いでしょう。

 

 

安易に自己責任とせず、むしろ社会全体や社会設計が負っている責任をきちんと果たす形で、彼らが社会に再び戻ってこれるようにすることが重要でしょう。誰かのせいにしたって、結局何も解決しないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です