煙草休憩という謎特権を正当化するための方法

煙草が吸いたい、そう思ってしまったら仕方がない。業務を10分ほど抜けて喫煙室でお喋りしながら休憩する。非喫煙者からしたらずるいと感じてしまうこの煙草休憩。正当化する簡単な方法は「その分、非喫煙者は有給を取って良いよ」でした。

■“スモ休”で公平に

たばこへの不満を解消しようと、都内の企業が今月から始めた制度がある。たばこを吸わない人に有給休暇を与えるという“スモ休”だ。担当者によると、たばこを吸わない人に対して、最大年間6日の有給を付与するという。

この制度ができたきっかけは、喫煙者がたばこを吸うために席を離れることを、不満に思う人がいたためだという。

実際にオフィスでの仕事風景を見てみると、喫煙所へたばこ休憩に行く男性の姿があった。男性が席を外していた時間は9分42秒。会社がビルの29階にあり、たばこを吸うには、喫煙所がある地下1階までおりる必要がある。

1日に2~3回はたばこ休憩に行くという男性に、“スモ休”についてどう思っているのかたずねた。

「たばこ休憩の時にあるコミュニケーションとかもあるので、喫煙者に規制をするのではなくて、非喫煙者にメリットを与える制度は、良い制度なんじゃないかなとは思います」

会社全体でも、制度はおおむね好意的に受け止められていた。

 

via: “加熱式たばこ” 吸わない人はどう思う?|日テレNEWS24

 

なぜ煙草休憩がずるく見えるのか

まずは基本的なところに立ち返りたいのですが、煙草休憩はずるく見えます。なぜなら、煙草休憩以外にも部署を越えた交流はたくさんあるからです。煙草休憩を正当化しようとする人は「喫煙所での会話は以外と仕事に繋がる」と言います。それは事実です。

ナレッジマネジメントと言われる経営学の一分野においては、そのような「非公式の場での会話による知識の共有や創発」を非常に有効なものだと考えており、日本企業が高度経済成長期に発達したのも談話室というお菓子が置かれて作業は出来ないような休憩場があったことだと書かれる論文もあるほどです。

ですから、煙草休憩が許されるならこのような談話室での休憩も同じように許されるべきだし、そのような制度が作られるべきであろうということですね。その権利を非喫煙者に与えないのに、喫煙者にだけ趣味の煙草を吸うために休憩が許され、その理由が仕事のためになるからというのは理屈が通りませんので。

 

煙草休憩がずるく見えない方法

そう、つまり煙草休憩がずるく見えないようにするための方法は簡単です。非喫煙者にも煙草休憩と同様の仕組みを作れば良いのです。この会社では、特別な休みを作るということでかなりラディカルにすら見える制度を取ったようですね。

でも実際、1日に5回、各10分ほど煙草休憩するなら1日で50分。20日で18時間くらいになります。12ヶ月で考えれば更に216時間。年間で9日くらい煙草休憩で休んでいるわけです。ラディカルどころか、至極まっとうな制度ですね。

煙草休憩がずるいのは特権的に見えるから。非喫煙者にも他の同等の特権を与えたらもうずるにはなりません。しかも面白いのは、この制度になったら喫煙を辞めた人もいるということ。休みが欲しいからですよね。非喫煙者はその分の休みを今までずっと持っていなかったのですから、いかに煙草休憩という特権が不当なものだったかよくわかります。

 

みんなハッピー

不当な制度を見るとついつい怒りを持って攻撃してしまったり、ズルイ!と攻撃的になってしまいがち。でもこのような制度設計にすることで、誰の権利も迫害されること無くポジティブな結果を導くことが出来ました。

こういう風に社会の様々な制度も設計されれば良いと思います。満員電車なんか、どうにか変えられないものでしょうかね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です