英紙Independent:イギリス超名門大学がイスラーム系の一部のイベントを禁止

ロンドンにあるLSE(London School of Economics)が男女別のイスラーム系イベントを大学内で開催することについて許可しないということを明らかにしました。大学は全ての人にオープンであるという姿勢を強調。

A top UK university has accepted that gender segregation that took place at a gala dinner, which saw women and men separated by a curtain, was unlawful, The Independent can reveal.

The London School of Economics (LSE) came under fire in March last year after the Islamic Society held a gala dinner for which students had to buy separate tickets depending on whether they were a “brother” or a “sister”.

When they arrived at the event, held at a banqueting hall in central London, there was a large screen separating the men’s tables from the women’s ones, stopping the attendees from even looking at each other.

via: Top university accepts Islamic Society’s gender-segregated event was ‘unlawful’ | The Independent

 

簡単に訳しつつまとめる

LSE-ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス-といえば世界最高の大学の1つ。紛れもない名門大学にして、世界中から優秀な学生が学びにくるグローバルな大学です。

当然様々な属性の学生がやってくるわけですが、そこで文化的な摩擦や衝突も起こり得る。今回はそれが宗教-そしてそれに基づく男女観というところで生じてしまったようです。

イスラム系のイベントでは男女別になることが多く、そのようなイベントをイスラム系の学生が大学で開催しようとしたところ、それが許可されなかったのです。毎年大学内のホールを借りて開催していたようですから、今年になっての決断とのこと。

大学側の主張はシンプル。大学が提供する全てのこと-ミーティングも講義も、そして当然イベントも-において性別を理由に区別するものは一切行わないという考えです。むしろこのような基本理念に立ってみると、今までこのようなイベントが許可されていたことのほうがもしかしたら不思議。学生側からそういう主張も例年あったのかもしれませんね。

大学は開かれた教育機関

「人権と平等委員会」と名付けられた大学側の機関が今回の決定を下したとのことですが、この人権と平等という言葉は本当にイギリスの高等教育において重要な意味を持っています。

英国の精神として、大学教育あるいは高等教育というのは社会に開かれたものであるという信念があります。実際、30歳までの若者の半数近くがその教育を受けているので単なる綺麗事ではなく、それを実現すべく動いていることがわかります(が、アメリカやイギリスは学費が高いのでそれはどうなのだろう、と思うけれど)。

また、その開かれた大学というのは表面的な意味以上に深い信念があります。年齢、性別、国籍も問わずに学べる場所としての大学なのです。ですから、今回のような男女別のイベントというのは開くべきでないという決定を下したのもわかります。

そういえば最近、ケンブリッジ大学もトランスジェンダーの学生を女性専用の寮で受け入れるというニュースがありました。これもその精神を表現しているものとして取り上げられるべきでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です