特集「フェミニストとは誰か」のはじまりに宛てて

一枚岩のイデオロギーなどない。イデオロギー内部のバリエーションの中で相互に正当化と批判をし合うのがむしろ健全なあり方だろう。近代家族の崩壊とともに今本格的に世に問われているフェミニズムについて様々な方のオピニオンを紹介したい。

【2018.06.11に追記アリ】

四角い世界を丸くする、はこれまで様々な社会課題について筆者が自らオピニオンや解説を行ってきました。しかし、今後弊メディアをますます「対立する異なる意見に対してオープンで建設的な対話を望む人が集まる場」にしていくことを考えた時、現状の運営が最も望ましい形ではありません。

そこで、SNSを中心に可視化される様々なオピニオンを寄稿していただき、それを通して「1つのテーマにも、立場や視点によって多様な見え方があること」「安易に何か一つの答えを絶対視しないこと」を考えられるような特集を組んでいきたいと考えています。(参考記事:ぼくだけのオピニオンメディア、を越えていく

初めての試みとなる第一弾の特集は「フェミニストとは誰か」という題で進めていこうと思います。その直接の背景となったのは、以下のツイートを始まりとした様々な議論や意見でした。

フェミニストとは、誰なのか。男性がフェミニストを名乗ることはおかしいことなのか。LGBTの方はどうか、「女性」を代表するフェミニストというのは存在するのか。私たち一人一人が個人レベルにおいて異なる時に、何かを属性で区切ることに難しさがあるのならば、フェミニストもまた同様ではないか。

歴史的な背景があれど、その全てを全員に知ってもらうことはできない。実際、フェミニズムとミサンドリーの区別がついていない方もたくさんいるでしょう。

【2018.06.11追記】

ここについて「ミサンドリー」と「フェミニスト」を安易に切り離した記述をしましたが、これについて強い批判を複数の方から受けました。それに応答する記事を書いています。

応答の大まかなまとめとしては、ミサンドリーとフェミニズムは両立しうる、ただしミサンドリーに基づく強烈な差別発言については必ずしもフェミニズムとは両立しえないのではと考えています。

【追記ここまで】

フェミニズムの中も決して一枚岩ではない中で、どのようにフェミニストとそうでない人を切り分けるのか。実際にはどのように切り分けているのか。それによる弊害は、あるいはメリットはどのようなものなのか。これから特集を通して問うていきます。

【2018.06.11追記】

また、6月上旬にフェミニズムとミサンドリーの関係についての記事がたくさんの方から批判を受けました。それに伴って僕の考えにも変化があり、その最新版についてはこちらの記事にまとめておりますのでご確認ください。

一言で言うと「確かにミサンドリーに基づく差別的な言動は問題ではあるが、その構造を生み出しているミソジニーへの批判を抜きにして語ることは暴力的なジャッジである」という批判に同意するというものです。

これまでのジェンダー関連の連載はこちら
連載「生きづらさとジェンダー論を考える」
vol.1フェミニズムの歴史を概観する:第一波フェミニズムとはなんだったのか
vol.2フェミニズムの歴史を概観する:第二波フェミニズムとはなんだったのか
vol.3ジェンダーを巡る:近代家族という発明品と伝統の構築
vol.4ロマンティックラブ・イデオロギーと母性神話:恋愛、結婚、子育てを巡る現代の価値観
vol.5結婚への圧力が消えた社会の未婚化→少子化とジェンダー
vol.6女性の専業主婦願望の難しさ、男性が共働きを求める理由
vol.7「LGBTは気持ち悪い」記事から見える【元】マジョリティが認めたくない現実
vol.8パートタイムと非正規雇用:女性の労働問題からすべての人の労働問題へ
vol.9海外で上映が一部禁止!? 男性の権利についての映画『The Red Pill』、日本上映の立役者にインタビュー
vol.10女性の労働、ガラスの天井と能力主義の嘘
vol.11フェミニストが男性の権利を直視するドキュメンタリー映画「The Red Pill」を見て

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です