なぜ男性は生理について無知なのか-その理由、弊害、解決の手段

生理と聞いても「血が出る」「不機嫌になる」くらいしか知らない男性も多い。PMSを知らないどころか時期をコントロール出来ると思っている人も。生理の知識と男性の間には壁が存在している。でもネットの時代それを言い訳には出来ないかな。

なぜ、いま生理の話なのか

このメディアを立ち上げたとき、まさか僕が生理の話を書くとは思っていなかった。でもtwitter上で様々な議論を見ているときに、最初にフォローした人達に偏りがあったのか「フェミニズムv.s.アンチフェミニズム」な構図になることが多かった。そのことについては他の記事でまとめているところ。

そんな中で最近大きな話題になっていたのが生理の話。どうやらある男性が「生理はコントロール出来るのだ」と呟いて大炎上。詳細は追えていないのだけれど、その無知は女性からすると驚くべきものだったのでボコボコに叩かれていたようだ。少し前に震災の時に生理用品は贅沢品といった発言もあったと記憶しているが、本当に無知だからわからないで適当な事を言っているのだろう(別件だが、これは大問題で国際援助でも同じ構造があり、教育の必要性が訴えられている)。

まず第一に事実誤認があったのだろうし、その議論の中でも感情的な罵り合いになる場面が多かったからか実りがあったかはわからないけれど、同じ男性として「確かに生理のことはよくわからないな」と思い記事にすることにしたのだった。

どのくらい生理のことを知らないのか

多分、男性の多くは女性が思っている以上に生理のことを知らないと思う。勿論知っているひとは知っているが、男性同士で知識の共有が行われるケースは寡聞にして聞かない。

どのくらい知らないかといえば、PMSという言葉は当然知らないし、お腹が痛くなるのが生理前後のどちらかもわからないし、どか食いしたくなることも、何日出血が続くのかも、トイレにある屑入れがなぜ存在しているのかよくわからないくらいだ。生理用品を家の中で見たことが無い人も多いと思う。

そして更に困ったことに、生理の時期をコントロール出来ると思っている人や、生理を言い訳にすることは気合が足りないと考える人や、経血の量をコントロール出来ると思っている人までいるということだ(女性でもいるらしい)。これには流石に驚いたけど、事実なのだから仕方ない。

大体、男性が女性と生理の話になるのはセックスする時に「生理だから出来ない」という文脈と「生理だから不機嫌」くらいのものだ。時々、旅行の時に彼女が生理になって最悪だったという男友達から話を聞くこともある。それどころか「ゴム付けたら出来るのでは」「生理中は妊娠しないから付けなくても良い」と思っている人もいる。

実際に検索してみると「生理中にセックスしても妊娠しない」はウソ? ホント??(マイナビニュース)」なんて記事も出てくるので、これまた冗談でもなんでもなくそう思っている人がいるということだ。

男性はなぜ生理のことをよく知らないのか

どのくらい知らないのかはこのくらいにしておこう。多くの女性にとっては「えっ、こんなことも知らないの」というレベルだと思うけど、本当に生理についての知識に触れることはほとんどないし、精々保健の教科書で「生理」「経血」という言葉を覚えるくらいで、それに伴う種々のことは知らないのだ。

男女別の教育

いま書いた通り、男性が生理のことをよく知らない大きな理由の1つは小学校の時に男女別で教えられるからだろう。生理についての詳しい知識を、女性はその時に手に入れる機会があるが男性はその機会から遠ざけられている。

少年漫画でも青年漫画でも生理というトピックが取り上げられることは僕の知っている範囲ではほとんど無いから、得られる知識は少ないだろう。逆に、うちに妹がいたのでわかるのだけど「なかよし」「ちゃお」といった雑誌には裏表紙に生理のことが書いてあったのを覚えている(ちなみに少年向け漫画雑誌の裏表紙には筋トレの道具や身長を伸ばすアイテムが載っていたりした)。

恥とする文化

そして2つ目の理由は「月のもの」のことを話すのは恥ずかしい/はしたないという文化があること。僕の家には母と妹がいたけど生理用品は隠されていたのか全く目に入る機会が無かった。

また、僕が小学生のときナプキンのCMを見て「女の人はお漏らしするのか!?」と驚いて母親に聞いたときも(二日目が多いということは、連日のように漏らすのかと本当に無知ゆえに驚いたのだ)「学校で習ってないの?」と逆に聞かれて答えは与えられなかった。

これに伴って、男性が女性に生理のことを聞くのは相当嫌がられるし、話をはぐらかされるので正確な情報を得られるのが困難になってしまう。恋人同士であってもそんな話をしたくないという女性も多いのではないだろうか。なんとなく性的な要素もあるし、嫌がることもイメージ出来なくはない。

個人差

そして第3の理由は、「個々人の差が結構ある」ことではないだろうか。1人の女性からそれなりに生理のことを聞いてわかったつもりになっても、人によって痛みの程度や種類も違ったりPMSの重さも違ったりする。肌に触れられるとゾクっとした嫌な感じがする人もいれば、却って安心する人もいると聞く。

「生理中でも全然仕事出来るよ」「生理だからってサボってる人はちょっとね」と生理が軽い女性から話を聞くと、サンプルは少ないもののそもそも個人差が大きいものだという認識が薄いのでそのまま信じてしまって、生理の人に対して「(おれの知り合いは大丈夫だって言ってたし)甘えるな」と言ってしまったり思ってしまうのだろう。

男性がよく知らないと何が問題なのか

実際のところ、男性が生理のことを全く知らなくたって困らないなら誰も文句は言わないはずだ。知らないと問題が発生するから、知らないことについて叩かれるわけである。

まあ、まずはよくわからないくせに適当なことを言うと叩かれるというのは当然ある。知らないことについては知ったような口を聞かなければ良いものを、なぜか口にしてしまって人の感情を逆撫でしてしまう。

他にも職場での生理の理解は相当大きくて、女性社員が少ないと理解が無くて困ることも多いはず。恋人や夫婦間においても、生理についての知識が足りなくてトラブルになることも少なくないだろうと思う。

ここについては具体例をtwitterで見つけてまた追記していくとしよう。

僕達はどうしたらいいのか

さて、そんなわけで男性が女性の生理について知ることが中々出来ない理由というのはそれなりに明らかになったように思う。何重ものベールによって、近づきがたいものになっているのは残念ながら事実だと思う。やはり生理について語ることが恥/はしたないものになっているのが大きな要因だろう。一概に男性の無知を個人の問題に帰すことは出来ず、制度的な解決が求められるように思う。

先述したように国際保健の分野でも、生理用品の価値を知らない人達が勝手に他の物資に交換したりする例がある。経血を垂れ流しにすることは人間の尊厳の問題であり、また公衆衛生の問題でもある。日本だけでなく世界でも認知が足りていないのだ。逆に言うと、教育によってそれは少なからず解消されるだろう。

無知であること、それによって人を傷つけることが許されるわけではない。しかしシステム的に中々正しい知識に触れられないことも確かだ。無知で失礼な人を一人ひとりをボコボコにするよりも適切な情報がまとまっているサイトを作ったり(あるのかな、男性向け生理の情報サイト:教えていただけたら追記したいのでコメントやリプライいただけたら幸いです。無いなら協力してくれる人と作ろうかな:連絡ください)、性教育をもう少しまともなものにすることにエネルギーを使うのが良いのかもしれない。

女性側がもっとフランクに自分の生理のことを話せる文化になればよいのだけれど、それもまた個人で出来る人はいてもシステム化するのは無理だし、もっと時間は掛かってしまうだろう。出来る人は恋人や友人、旦那にしたらもちろん良いと思うが全員には求められまい。

P.S.女性の生理は男性の射精と同じ?

ところで、更にその後派生した議論の中で女性の生理と男性の射精を同じような立ち位置だと主張する人がいた。僕には全くそう思えないのだが一体どういうロジックでそれを説明するのだろうか。

アナロジーとして全く成立していないと思うのだけど、このロジックに詳しい人がいたらコメントしたりリプライをいただけたらうれしいです。

また、生理のことなので僕自身事実と異なることを言っている場合があるので正しい知識はきちんと医療系のサイトで確認してほしいし、間違ってたら突っ込んでいただけたらすぐに修正します。

個人の無知を責め立てすぎず、制度やシステムで解決する方法を考えたいし、とにもかくにも生理に伴う種々のストレスフルな議論が減ることを心から祈っています。

8 thoughts on “なぜ男性は生理について無知なのか-その理由、弊害、解決の手段

  • 2018年3月9日 at 11:08 AM
    Permalink

    射精≒月経という考え方は、生理現象であって基本的にコントロールが難しいという共通点から生まれたのではないかと推測します。
    経血の量をコントロール出来るという考えも、周期をコントロール出来るというピルの効能を勘違いしているのではないかと思います。昔の女性は経血を膣の中に溜めておき、排泄時にまとめて出すことが出来たと言う話がありますが真偽の程は定かではありません(これを量のコントロールというかは微妙ですが)
    サイト作成の知識はありませんが、生理に関してでありましたらお答えすることが出来ると思いますので何かありましたらご連絡ください!

    Reply
  • 2018年3月14日 at 8:20 AM
    Permalink

    生理すらもエロとして消費するバカが大量に存在していたり、からかわれたり揶揄される道具として生理が使われている現状で、女性の口から生理について語られることは相手の男に対して余程の信頼関係がないと出来ないと思う。
    今時ググれば1分くらいでたどりつける情報なのに(というか公教育でも教えてもらっているはず)、何でそれをやらないのか?傲慢さゆえに「やる必要がない(自分は分かっている)」と思っているからだよ。
    つまり思いやりも想像力もない男が多いというだけ。
    自分も女性(母親)の生理がなければこの世に生まれてくることもなかったのに、それを忘れ去っている傲慢な男が日本に多いというだけ。
    主体性のない人間に他人が主体性を持たせることは基本的にできない。生理について正しい知識にアクセス出来るサイトを作るのもいいが、この事は頭に入れておいた方がいいと思う。

    Reply
  • 2018年3月14日 at 8:49 AM
    Permalink

    ちなみに月経と射精を同列に考える者が存在することはもうばかばかしすぎて話にならないが、月経は女性が能動的にコントロールすることは出来ない。時期、痛み、量など。
    (ちまたで言われている月経コントロールも、頼むから真に受けないでくれと個人的には思っている)
    精神的な影響が出るか否かと生理前か生理期間中か時期も個人差はあるが、基本的に生理についてすべてがコントロール出来る類のものではないということを知っておくべきと思う。
    「射精もそうだろ!」とか言ってくる輩がわきそうだが、能動的か受動的かの違いは確実にある。射精は「行為」だが、月経は行為というより「現象」に近いと言える。
    また、衛生・健康の側面から考えても同列に語るべきものではない。
    優劣の問題ではなく、対という位置づけでもなく、まったく違う性質のものと理解すべき。

    Reply
  • 2018年3月21日 at 11:40 PM
    Permalink

    初めまして、中年の女です。生理に関する情報を提供する為にコメント致します。
    Wikiの「月経」のページに書いてある内容がほぼ正確でお勧めです。補足するとすれば、周期についてで、25〜38日の中で個人差があると書かれていますが、個人の中でも変動があり、正確な日付から2〜3日ずれることは日常よくあります。
    生理が起こる理由は、毎月、体が妊娠に備えて子宮という胎児のベッドに内膜というお布団を作るので、妊娠しなかったことで要らなくなったお布団は毎月壊して排泄されるのです。
    一回につき4〜7日間続くとある通りですが、ほとんどの人で、少なくとも最初の3日間は一時も出血が止まることなく、昼夜ダラダラと流れ続けます。約72時間血がずっと止まらないということです。ですので射精とは全く性質が異なります。快感がないのでその点も違います。4日目以降は出たり止まったりという感じになる人が多いと思います。2日目前後は量が多いので、昼間は約3時間毎にナプキンを取り替えますが、夜間はずっと寝ていると、ナプキンで受け止めきれず、漏れて、シーツを血で汚してしまった経験が1度や2度ではない人が多数派だと思います。私は夜は長さ34cmの大きなナプキンを使っています。
    生理があることにより、一日当たりの鉄分は男性の10gよりも多く、12g摂るよう定められています。
    痛みは、ある人とない人がいます。精神不安定についても同様です。
    痛みの原因は、体がプロスタグランジンという物質を出して子宮を収縮させ、経血を排泄するのですが、そのプロスタグランジンの副作用で痛みが出ます。腹以外に痛みが出る人もいます。痛みの個人差の一因は、内膜(経血)の量と子宮口の大きさのバランスです。若かったり未経産婦だと子宮口は針で突いた程度の穴でしかありません。一方内膜の量は、エストロゲン分泌量の1ヶ月合計量の多い体質ほど、増えます。子宮内膜症という病気だと、子宮以外にも内膜ができてしまい、生理の時いっせいに剥がれるので痛みが強くなります。この病気は近年増えています。
    精神的不安定の原因は、生理になる時は急にエストロゲンが減少するので、それによって脳内のセロトニン(気分の安定を保つホルモン)が減るからです。
    ところで、PMS(月経前症候群)についても、ある人とない人がおり、その日数は生理の直前のみの人から、生理前14日間続く人まで様々で、症状は、精神的には無気力でヤル気がなく怠くなるのが生物本来の仕組みですが、違う症状の人もいます。この時期は食欲増加・むくみ・高体温となるのが生物本来の仕組みです。生理中には逆に食欲が落ちやすく、生理が終わると食欲が復活します。
    女性が人生の中で、これほどまでに多くの回数の生理を繰り返すようになったのは、避妊をするようになってからです。昔の人(何万年もずっと)は、初潮から2〜3年は別として、それ以降は、だいたいいつも妊娠中か母乳授乳中で過ごしていて、生理の回数は少なかったです(ただし母乳をあげている間は生理はないというのは原則論でして、中には発生するケースもあります)。
    生理の時にダラダラと血が出ないように膣内に溜めておけるという説は、三砂ちずるという女性が提唱したもので、いわゆるトンデモの類いで、この人の書いた本はたくさんAmazonで売られています。和服を着ると出来る、和服を着ない現代には失われた女性の能力だと謳われ、現代人でも訓練すれば出来るという謳い文句に惹かれる女性が一定数いるようで、私共ごく平凡で普通の女性にとっては非常に迷惑な話です。
    他にも情報を色々と持っておりますので、下記アドレスあてご質問など下さればお答え致します。

    Reply
  • 2018年3月22日 at 1:13 AM
    Permalink

    追伸
    ご連絡いただく時は、ツイッターのDMでもOKです。

    Reply
  • 2018年4月21日 at 3:55 PM
    Permalink

    くだらないですねー
    女の機嫌とるための知識ですか?
    わかってほしいのであれば女が自分でわかって下さいと伝えるべきでしょ
    なに甘えてんすか
    それに男性の体に関して女は無知でしょ
    Y染色体って何なのか説明できるんですか?染色体って何?からですよね、どうせ。
    同じことでしょ
    オタマジャクシの分子モーターの機構については?
    まず文系女さん、高校化学から知識0っすよね?
    ていうか自分の体すら医学のおかげで知ることができるわけでしょ?
    その程度の分際で?女性の体について知らないのは無知!なんてほざくの?
    考えてみてくださいよ、ハエやネズミの体について詳しいですか?
    フェミさん達の自己中心的な主張しかできない単純な脳ミソは長い歴史の中でなにか生み出せましたか?
    あ、ここフェミさんたちの巣なのですか、小町以外で初めて見ましたw
    こうやって湧いてくるのですね

    Reply
  • 2018年6月10日 at 6:51 PM
    Permalink

    自分に都合の悪い事は、「知らないお前が悪い!」「正しい知識を持て!」
    何と傲慢な事か。
    じゃあ、貴女達が理解出来ない事、知らない事については必ず「正しい知識」を自分で調べて理解を深めようとしているのでしょうね?でなければこんな事言えませんよね〜。
    男性達が知らない事にも背景、理由があるかもしれないじゃないですか。その事には理解を示さず、ただそれが悪い事だと。
    世の中こんな傲慢で甘えきった考え方の女性ばかりでは無いと思いたいですがね〜。

    Reply
  • 2018年6月24日 at 12:08 AM
    Permalink

    <生理>

    ヒトの女性の生理は進化的に謎だ.ごくわずかにほかの哺乳類でも生理があるものがあるが,ヒトほど大量に失血しない.なぜこんなコスト(純粋な生理的コストに加えて,子宮内膜症リスク,補食リスクの増大,非妊娠期間の増加もある)がかかるものが進化したのか.

    1.信号説

    (1) 女性が自分の身体が妊娠していないことを知るための信号という説:しかし自分で知るためにしてはコストが高すぎるように思われる.

    (2) 社会的な信号(この娘は性的に成熟しているよ)という説:これは女性間の競争を考えると本人にとって不利になるように思える.

    (3) 近縁者に知らせている信号(この娘はこれから女性間の競争に巻き込まれるよ,助けてあげて)だという説:もし競争の激しさや,近縁者の有無によって出血量が異なれば面白い.しかし(コストの高さから見て)難しそうだ.

    (4) 男性に対する信号だという説:これもコストの高さを説明できそうにない.

    信号だという説にはコストの高さ(なぜ単に腫れるなどの方法ではだめなのか)のほかに別の問題がある.なぜ伝統社会ではこれが周りから忌避されているか,現代でも女性は隠そうとするかということを説明できなければならないが,それに成功しそうなものはない.

    2.衛生説

    精子・精液は非衛生的だ.生理はこれを洗い流すための適応だとする説.プロフェットは子宮はそのようにデザインされていると主張した.

    しかし血液に含まれる鉄分は病原体の栄養になりかねない.また感染リスクと出血量の相関,あるいは性交頻度と出血量の相関の証拠はない.生理後に病原体が減少するという証拠もない.また伝統社会では妊娠期間が多いために生理自体が少ないが,それにより現代社会より感染しやすいというデータもない.

    3.効率説

    子宮内壁をメンテするよりいったん捨てて再建した方が効率的だという説.しかしなぜもっと効率的にメンテできるように進化できなかった(それは難しいことにように思えない)は説明できない.

    なおバラシュは明示していないが,この衛生説,効率説はなぜヒトが独特なのかについて説明できないという弱点もあると思われる.

    4.評価説

    この生理という試練をくぐり抜けた受精卵(特定のホルモン産出量でテストされる)だけを妊娠するという説.ヒトの女性は特に大きな投資を行うのでより入念にテストするという考え方に基づく.

    しかしこの仮説によると,衛生説と同じような予想(性交頻度との相関など)が得られるが,いずれもデータと合わない.大きな子育て投資をするほかの動物に生理がないこととも符合しない.

    バラシュは生理については全く未解決の謎だとまとめている.

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です