ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)

現代社会を動かすポピュリズム、その前提となっている反知性主義やフェイクニュース、ポストトゥルースといった概念を丸めます。いま求められるのはスローイズム(slowism)です。ゆっくり考え、ゆっくりシェアする。自分の中で一旦置く。

本連載について

この記事は「日本と世界の課題を丸くする」という連載の中に位置づけられます。個別の問題についての具体的な分析はもちろん、それ以上に「そもそもどのような課題が日本や世界にはあって、その課題の中にあるサブ課題やそこにある対立、関係性はどのようなものか」を俯瞰的に整理していくことが目的です。

そのために、主に2つのソースを使って記事を書いていきます。1つは書籍。社会問題を広く取り扱う書籍を参照しながらその目次を洗い、いまある課題のカテゴリや構造を読み取ります。もう1つはツイキャスを通した対話です。今後活発に行っていくつもりですので是非楽しみにお待ち下さい。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

今回の書籍

連載最初に取り上げる書籍は小川仁志さんの「哲学の最新キーワードを読む 私と社会をつなぐ知」にしました。2018年2月に出版されたばかりの書籍である点、哲学のキーワードと言いつつ社会全体を捉えるための重要な視座を提供している点が選んだ理由です。

ちなみにこれまで「様々な社会問題を整理、分類している書籍はないか」ということを色んなところで聞いており、そこで教えてもらった書籍をウィッシュリストにまとめています。もしよろしければ是非おすすめの本をコメントなどで教えて頂けたら幸いです。また、お贈り頂けた場合は必ず書評を書きますので是非お願い致します。

反知性主義、ポストトゥルース、そしてポピュリズム

この3つのワードはそれぞれ違う成り立ちにも関わらず、極めて密接に連動しながらこの社会を説明するワードとして使われるようになりました。トランプ大統領と一緒に連想されるものでもあります。一体なぜ、彼がこれらの言葉の代表例として取り上げられるようになったのでしょうか。それぞれ順番に説明しながら、現代のポピュリズムを理解していきましょう。

反知性主義

ヒラリー候補が破れたときこの言葉がよく使われましたが、実は元々宗教に関する用語だということをご存知でしょうか。森本あんりさんという著名な宗教学者が書かれた本-ずばり「反知性主義」というタイトルですが-においてトランプ大統領出現前にこの言葉が整理されています。

簡単に言うと、アメリカでは常に2つの対立があったという話をしています。1つは「教えてもらう正しさ」です。宗教的な権力を持った誰かが聖書における「答え」を上から教えてくれるというもの。これにはラテン語など高い教養を必要とし、一部の人間(宗教的指導者)しかその正しさにはアクセスできないという状況を認めるものでした。

それに反発する動きもありました。それが「神の教えは一人ひとりが自ら考え辿り着けるものである」というものです。権力的な、上から与えられる知ではなくて、日常的な言葉や生活や考え方の中に神の教えは理解出来るというものです。これは取りも直さず「権力と結びついた知」を否定するものでした。そしてこれを反知性主義と呼んだのです。

このような歴史的な経緯もあって、アメリカにはエリート的な知に対する反発が常に存在していました。そして今回のヒラリーとトランプの対立は知性主義v.s.反知性主義的な構図として捉えることができたのです。難しくて立派なことを言うヒラリーと、平易な言葉遣いで親しみのある考えを言うトランプというわけです。

ポストトゥルース

では、ポストトゥルースというのはどこからやってきたのでしょうか。この言葉は「客観的な事実よりも、感情的な訴えかけのほうが世論形成に大きく影響する」状況を表わしています。データよりも意見、論理よりも感情というわけです。それとセットになって出てきたのがフェイクニュースでした。

フェイクニュースとは事実に基づかないニュースのこと。あることないことなんでも書いて、根拠なんか無くとも面白かったり過激だったりすればSNSなどで大量にシェアされて多くの人の目につく。そしてそれが現実に大統領選挙に影響したことは今回のロシアの介入からも明らかとなっています。

情報の瞬間的な生産と消費こそフェイクニュースの本質であって、ポストトゥルースの前提となっているものだと言えます(だからこそ、瞬間的な消費ではないスローイズムが後述の通り重要に鳴るのです)。

そしてポピュリズム

ポピュリズムの定義には色々ありますが「国民に訴えるレトリックを駆使して変革を追い求めるカリスマ的な政治スタイル(ポピュリズムを考える-民主主義への再入門)」という定義をここでは提示してみましょう。

国民に訴えるレトリック、それが意味するのは「政治を物語のように語ること」「敵を作り非難すること」です。政策的な議論やデータ・事実を使った議論ではなく「対立するあいつは悪いやつである/民衆の敵である/エリート的で一般人の気持ちがわからない」などを自分の主張の根拠として使うような政治のことです。

ポピュリズムの重要な特徴は「反多元主義」です。複雑性や複数性を認めず「単一」「純粋」といった概念を好みます。民衆にわかりやすくすることを徹底すれば当然こうなります。わざわざ話を複雑にしてはいけません。出来るだけシンプルで、わかりやすい物語こそ人に伝わるのです。例えそれが事実を一部歪めたものであっても。

「本来の共同体に戻ろう」という右翼的な発想とポピュリズムは非常に親和性の高いものです。「現状には、《私達》とは違う存在がいて、彼らが邪魔で《私達》は困っている。彼らを追い出すべきだ」という論に展開することが可能だからです。《私達》が果たして単純にラベリングできるものなのかどうかはここでは議論されません。

例えば《私達=日本人》という図式の中では、日本に国籍を移した人は往々にして含まれていなかったり、地方ごとの異なりが無視されたり、琉球人やアイヌ人といった差異は無視されたり、外見的な判断がなされたり、海外に長く住んだ日本国籍の人は除外されたり、本当は多くの矛盾を抱えているものでありながら《私達=日本人》という括りが物語の中で強化されていきます。

歴史的な背景を考えれば安易に使えない《私達》を用いて本来の共同体へと回帰しようとし、そのための邪魔者《異質な他者》を積極的に追い出そうとするとき反多元主義は完成します。ピンと来ると思いますが、いま日本で起きている「日本凄いムーブメント」もアメリカで起きている「移民反対ムーブメント」も欧州の「難民反対ムーブメント」も同様の構図で理解することの出来るものです。

反知性主義的発想から作られる多くのフェイクニュースは、反知性主義的な態度を育みます。そこでは「敵と味方を分ける物語の政治」が行われ、複雑性が無視された単純化された思想がポピュリズムを加速させていくのです。

スローイズム(slowism)とはなにか

感情的で扇動的な情報やリーダーがポピュリズムを生み出しているとするなら、それに対抗するにはどうしたら良いのか。人間に感情を廃するということは勿論できない。しかし、その感情に支配された感情的な振る舞いを抑制したりコントロールすることが出来る。

フェイクニュースの多くがこれだけシェアされていったのはなぜか。それはファクトチェック(事実確認)などをしないままに、過激なものや都合の良いものを簡単にシェアしていった背景がある。記事タイトルだけ見て中身を読まずにシェアした経験がある人も少なくないのではないだろうか。

情報が恐るべき早さで拡散する時代だからこそ、あえて一旦置く。何かに触れて感情が揺さぶられてもそのまますぐに何かをするのではなく、自分の中に湧いてきた感情を見つめてみる。そんなスローな態度というのが今あらためて注目されるべきだろう。もしかしたら東洋思想などと相性が良い考え方かもしれない。

しかし、私はこのスローイズムという本書に出てくる考え方に完全に賛成することはできない。なぜならこれは現実的にほとんど不可能だろうと思うからである。人間は感情の動物であって「感情的にならないで」と言われて感情を抑えることが出来る人間はそもそも普段から感情を上手くコントロール出来ているように思う。出来ない人は言われても出来ない。

個人の良心や能力に訴えるよりは、制度的な取り組みのほうが重要だろうと思う。facebookやgoogle、twitterは現在急ピッチでフェイクニュースに対抗するためのアルゴリズムを組み立てているというが、こういうアプローチの方が本質的であろう。ただし「何をフェイクとし、何をフェイクとしないのか」という判断基準を考えるのは人間であるため、そこの議論こそが肝であって最も難しいものだと思われる。インターネット会社が拡散されるべき情報とそうでない情報を判断するというのは、本書の中の「フィルターバブル」でも語られているが恐ろしい問題でもある。

民主主義とは変化を前提とした対話にある

本書の中で一番好きな箇所は、このポピュリズムに関する章の一番最後にある。それは民主主義について言及する場面だ。以下に引用する。

民主主義とはよく誤解されているように、多数決のことでもなければ、選挙のことでもない。もっというなら政治参加でもない。ナチスの全体主義を持ち出すまでもなく、形式的な政治参加は時に非民主的でさえある。あるいはそれは、選挙における投票が義務に鳴っている国のモラルハザードを見ても明らかだろう。

これらのいずれとも異なる真の民主主義とは、他者の声に耳を傾けることにほかならない。複数の人間が共に生きようとするとき、必ず他者とのすり合わせが必要になってくる。そのすり合わせ、共に生きようとする歩み寄りの姿勢こそが大事なのである。

ポピュリズムとは変化を恐れ、純粋さや単一さを重視する考え方だ。でもそこに異なる他者との共生に対する姿勢は無い。ただ自と他を区別する思想にしかなりえない。僕はそれを乗り越えるために、まずは論点と主張とを可視化してその前提になる価値観や世界観を明らかにするという仕事をしていきたいと考えています。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です