無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット

フィルターバブルという言葉を知ってますか? あなたも私も間違いなくこのバブルに入り込んでしまっている。多様性、透明性、開放性を謳う「インターネット」の裏の顔だ。あなたが知りたい、触れたい、都合の良い情報ばかり目に入ってしまう。

本連載について

この記事は「日本と世界の課題を丸くする」という連載の中に位置づけられます。個別の問題についての具体的な分析はもちろん、それ以上に「そもそもどのような課題が日本や世界にはあって、その課題の中にあるサブ課題やそこにある対立、関係性はどのようなものか」を俯瞰的に整理していくことが目的です。

そのために、主に2つのソースを使って記事を書いていきます。1つは書籍。社会問題を広く取り扱う書籍を参照しながらその目次を洗い、いまある課題のカテゴリや構造を読み取ります。もう1つはツイキャスを通した対話です。今後活発に行っていくつもりですので是非楽しみにお待ち下さい。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

今回の書籍

連載最初に取り上げる書籍は小川仁志さんの「哲学の最新キーワードを読む 私と社会をつなぐ知」にしました。2018年2月に出版されたばかりの書籍である点、哲学のキーワードと言いつつ社会全体を捉えるための重要な視座を提供している点が選んだ理由です。

ちなみにこれまで「様々な社会問題を整理、分類している書籍はないか」ということを色んなところで聞いており、そこで教えてもらった書籍をウィッシュリストにまとめています。もしよろしければ是非おすすめの本をコメントなどで教えて頂けたら幸いです。また、お贈り頂けた場合は必ず書評を書きますので是非お願い致します。

インターネットの夢

MITメディアラボ所長の伊藤穰一さんは、インターネットの誕生の前後でB.I.(Before Internet)とA.I(After Internet)と時代を分ける必要があると述べるほどにその重要性を強く主張する。曰く、BIではすべてがシンプルで予測可能だったのに対して、AI時代は物事が過度に複雑化し、予測不可能になったと。そしてそれはイノベーションに利する環境だという。

また、インターネット黎明期には楽観論が大勢を占めていた。曰くインターネットは多様性、透明性、開放性を促進しそれを守る場となるだろうというのである。誰にでも開かれた言論のアリーナ、隠された場所はなく自由に行き来出来る場所。それがインターネットの初期のイメージだったのである。

しかし、これらがどちらもやや過剰な楽観論によって支えられていると感じる人は少なくないだろう。伊藤穰一さんが言うようにBIは果たしてすべてがシンプルで予測可能だっただろうか? 私は全くそのように思わない。歴史を紐解けば偶然と感情が渦巻いていること、ふとしたボタンの掛け違いで現状は変わっていたことが容易にわかる。ヒトラーの暗殺計画がもし1つでも成功していれば…? 振り返ればどんなものも単純に見えるものだ。

それに、多様性・透明性・開放性がインターネットの醍醐味だと信じる人は少なくなっているのではないだろうか。SNSの世界ではそれぞれの好みによってクラスタを形成することが出来る。twitterやfacebookは自分の好みによっていくらでも見える世界を狭めることが出来るし、透明性がもしも正しければブロックチェーン技術がこれほど期待される必要もなく、誰にでも開かれた場のはずのインターネットは搾取されるユーザーと搾取する巨大企業とに分裂しているように見える。

フィルターバブル

実際のところ、インターネットはますます個人適合を進めている。パーソナライズといえば利便性が高まるように聞こえるかもしれない、それは一面の事実ではあるが、それは諸刃の剣である。その人に何もかも適合的な形で情報が提供されることで-しかもそれは本人の望むと望まざるとに関わらず-徐々にユーザーはフィルタリングされた情報にしか触れなくなることを意味している。

ECサイトの巨人であるAmazonは、あなたがログインしてこれまで閲覧してきたすべての情報を、何を買い何を買わないのか、どの情報にとりわけ目を向けるのか、セットで買うものは何か、定期的に買っているものは何かに目を光らせている。他のすべての人間にもそうしている。その「おかげ」で私達は自分が欲しいものをすぐに見つけられるようになり、何かを買ったときに「これも必要では?」と他の商品も紹介してくれて大変便利になった。

twitterも同様だ。無数のユーザーの中から、自分の意見に近い人間をフォローしていけば、その後出てくるユーザーもどんどんその属性に近くなっていく。「おすすめのユーザー」はもちろん今フォローしている人たちと近い属性になる。それを本人が望んでいるのだから当然のことだが、それによってインターネットという透明性や開放性が尊ばれる場所だからこそ知らぬ間に自分にとって都合のよい、それ以外の情報が入ってこないような空間を作ることが出来るようになる。

あまり例が多すぎても仕方がないが、他にも検索だってそうである。同じ単語で検索しても人によって結果が変わるようになるし、既にそうなっている。特定のサイトによく訪問する人にはそれが表示されやすくもなる。そこではあなたが喜びそうな広告も出てくるようになる。

このように、あなたが知らない間に自ら作ったフィルタリングの泡の中に閉じこもっていく(個別適合という名の下閉じ込められていく)ことをフィルターバブルと呼ぶ。自由に行動しているはずのあなたは、実はその行動範囲を自ずと狭められているのだ。

大統領選挙でも目立つフィルターバブル

これは現実社会にも明確に影響してきている。アメリカ大統領選挙の時にたくさんシェアされていた画像を見た方もいると思うが、当時ヒラリーを支持する層とトランプを支持する層で見ているニュースがほとんど重なっていなかったという画像だ。

人々はそれぞれの派閥に分かれ、自分たちにとって都合の良いニュースを閲覧し、それを近い属性を持った人間どうしのネットワークでシェアする。それは何度も繰り返しシェアされるが、異なるネットワークの情報が入ってくる隙間はない。実際、ヒラリー側の支持者たちの多くは自分たちの勝利を完全に信じ込んでいた。答えは皆さんが御存知の通りトランプ大統領の誕生であった。

自分がいる場所が多数派を形成している、と思い込むことは実に簡単であり、そしてそれは非常に危険なことである。インターネットはその美名の名の下にこのような分裂を不可避的に作り出してしまう舞台装置なのだ。

売り物としてのユーザー

これは少し脱線する部分ではあるが、実際このようにフィルターバブルによって構成された様々なクラスタというのは企業にとって大変都合が良い。なぜなら、それは企業が苦心して見つけ出し作り上げてきた「セグメント」を自ら可視化された状態で生み出してくれることになるからだ。

セグメントとはビジネス用語の1つで「特定の属性を持った集団」のことを言う。これはインターネットが出てくるまでは中々正確に情報を手に入れることができなかった。例えば「都内在住の30代、旦那の収入が1000万を越えていて教育熱心なママ層」「週末はアウトドアを楽しみ、高めのブランドを仲間内で共有して優越感を得たい層」など多様なセグメントが、いまやインターネットによって簡単に整理することが出来るようになった。

これは、彼らの情報を持っている検索サービス企業やSNS企業が彼らの情報を「売却」することが出来ることを意味している。アウトドア商品を売りたい企業は、それを買いたい層にだけ的確に刺したい。安価で効果的だからだ。Facebookなどはこの広告を的確なターゲットに出してあげる代わりに膨大な収益を得ている。

ユーザーは知らない間に自分たちの情報が売り物として利用されていることを知っているだろうか。これこそがインターネットが生み出した更なる問題であるプライバシー、超監視社会問題とつながっていくのである。

次回

さて、連載「日本と世界の課題を丸くする」は次に超監視社会について取り上げる。インターネットがこれまでよりもはるかに高い精度で膨大な量の個人情報を手に入れることが出来るようになったことで、今回のようなパーソナライズはもちろんもっと多くのこともできるようになった。

強い力はメリットもあればデメリットも大きい。現代社会を構成する大きな要素であるインターネットについて次回も掘り下げていく。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です