再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか

人間の理性がこの社会を動かすという信念はいまや終わり、私達は再び宗教が復権する時代にいる。唯一神を掲げる集団同士が対話をすることは原理的に可能なのだろうか。正直言って、これは本当に難しい。とはいえ諦めることも許されない時代だ。

本連載について

この記事は「日本と世界の課題を丸くする」という連載の中に位置づけられます。個別の問題についての具体的な分析はもちろん、それ以上に「そもそもどのような課題が日本や世界にはあって、その課題の中にあるサブ課題やそこにある対立、関係性はどのようなものか」を俯瞰的に整理していくことが目的です。

そのために、主に2つのソースを使って記事を書いていきます。1つは書籍。社会問題を広く取り扱う書籍を参照しながらその目次を洗い、いまある課題のカテゴリや構造を読み取ります。もう1つはツイキャスを通した対話です。今後活発に行っていくつもりですので是非楽しみにお待ち下さい。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

今回の書籍

連載最初に取り上げる書籍は小川仁志さんの「哲学の最新キーワードを読む 私と社会をつなぐ知」にしました。2018年2月に出版されたばかりの書籍である点、哲学のキーワードと言いつつ社会全体を捉えるための重要な視座を提供している点が選んだ理由です。

ちなみにこれまで「様々な社会問題を整理、分類している書籍はないか」ということを色んなところで聞いており、そこで教えてもらった書籍をウィッシュリストにまとめています。もしよろしければ是非おすすめの本をコメントなどで教えて頂けたら幸いです。また、お贈り頂けた場合は必ず書評を書きますので是非お願い致します。

そもそも《呪術》とは何か

社会学などに触れたことのある人にとってはすぐに理解出来るけれど、普通の人からすれば呪術って何がなんだかわかりませんよね。この言葉はマックス・ウェーバーという人が使い始めたものです。脱呪術化とは近代が理性による合理化を進め、キリスト教支配が終焉した状態のことを指します。宗教のような非合理的な(あるいは非理性的な?)営みは科学や合理性の発達の中で力を失っていくだろうと考えられたのです。

2001年まで、私達の多くはこの世界における宗教の力は徐々に小さくなっていくだろうと考えていました。しかし、あの9.11のテロから私達は認識を新たにする必要が出てきたように思います。社会的な不安が宗教を求め、グローバル化がその不安を加速させる。理性だけで対応出来ることが減れば減るほど、宗教は意思決定の指針として機能するようになります。

あれから15年が経った頃には欧州にテロが大量発生するようになります。そして最早、それは当たり前のことにすらなってしまいました。欧州の各都市は観光名所でありながら同時にテロのターゲット都市にもなったのです。これはつい4年程前ではほとんどありえない認識ですから、いかに社会が急激にその雰囲気を変えているかを思うと恐ろしいものがあります。

このような状況を著者は再呪術化と呼び、また理性の知ではなく【感情の知】がこの社会の動因になっていると言います。これはある側面ではその通りなのでしょう。しかし、宗教がなぜ一時期力を失うことになったのかを考える必要があります。宗教は共同体を作り、そして多くの宗教には唯一神がいて、共同体同士が異なる神を奉るならそれは争いの原因になるのです。

 

人の流動と宗教の再生

これは私見になりますが、グローバリゼーションの中で人の動きが激しくなるほど宗教が力を取り戻すことは十分にありえることです。このような人の動きが激しくなる前の状態のことを、私達は国民国家と呼んだりしていました。日本は日本人によって運営されているというような考え方です。アメリカはアメリカ人によって、フランスはフランス人によって。

しかし、それは最早真実ではありません。私達がつい十年前、二十年前に言っていたような「フランス人」はもう随分減りました。アラブ系の人やアフリカ系の人が随分増えたからです。金髪碧眼のあのフランス人像はもはや遠い過去のことです。僕がフランスに留学していたときも、大学には多くのルーツを持つ学生がたくさんいました。

さて、国家は共同体です。共同体には必ず物語があります。その国家の成り立ちや根幹となる価値観を決定するような物語です。フランスにおいては紛れもなくフランス革命、理性と自由の勝利がそれにあたります。彼らは宗教や王族といった文化を自ら破壊し、人民の平等を求めました。いまでもライシテという政教分離の原則を極めて重視しています。

グローバリゼーションと共に多くの人が「フランス人」になったときに一体何が起きたのか。それは物語を共有していない人の登場です。彼らは物語とは異なる共同体の指針や価値観を見出す必要がありました。そしてそれこそが宗教であったのです。「私達に共通するものとはなにか?」これが共同体の大原則だとしたら、多くの欧米国家はこれを移民との間に作り上げていくことができなかったのでしょう。そうして、いま再呪術化の時代がやってきました。

再呪術化にどう対応できるか

「私だけの神」

本書では、このような状況に対して何が出来るかを検討しています。ウルリッヒ・ベックというドイツの社会学者は以下のような提案をしています。「世界中の誰もが、どこかの国民ではなく一人のコスモポリタンとしてのアイデンティティを持つように、宗教においても自分だけの神を持てばいい。そうすれb亜集団同士の対立はなくなるだろうから」と。

コスモポリタンとは地球市民という意味で、自分のことを「日本人」だとか「アイヌ民族」だとかラベリングしないことを指します。地球の市民という意味では、あらゆる人は同種でありそこに差異はない。ある意味究極の「私達に共通するものとはなにか?」に対する回答です。私達が地球市民であること、が共同体を維持する価値観とされるのです。

さて、そのような観点から信仰を捉えなおしてみるとどうでしょうか。僕はとてもじゃないけれどこれは空論だと思います。宗教とは個人の中にはありえない。それを教える人がいる限り、再生産される限り、あるいは家族と言うものがある限り、宗教は究極的には個人的にはなりえないからです。

ハーバーマス流の回答

ドイツの哲学者ユルゲン・ハーバーマスといえば公共性や対話などに関する著名な研究者ですが、彼はこの宗教的な対立がどう民主主義に内包することが出来るかを検討しています。彼は以下の3つを宗教的市民に要求しています。

1.競合する宗教と道理にかなったかたちで関わること
2.日常的知識にかんする決定を制度としての科学に委ねること
3.人権という道徳律が定める平等主義の前提を宗教的信条と両立させること

多くの方が思った通り、この「道理」とか「人権」「道徳」「平等」といった概念こそがまさに何らかの価値観を前提としたものであって、この価値観を裏付けるものが宗教的な世界観なのだとしたら、このような要求に果たしてどんな意味があるか議論の余地が十分にあるでしょう。

しかし、本書ではまさにそれこそが肝だと言います。このような多義的な言葉をひらかれた討論を通して確定していく、常にアップデートされ続けていくこれらの言葉に常に向き合い続けることだけが唯一出来ることなのだと。ハーバーマスらしい結論と言えるでしょう。

理性と感情

とはいえ、厳密な議論だけで僕達が理解しあったり協力することがいかに難しいかは様々な場面で思い知らされるところです。結局あらゆる対立は「折れる」ことによってしか妥結していかないからだと著者は述べています。

僕はそれに付け加えて、あらゆる対立は「論点の前提になっている価値観、その人や集団が持つ世界観を共有すること」によって前身するのではないかと考えています。表面的な対立をいくら整理しても意味はありません。主張が繰り返し述べられるに過ぎないからです。

なぜそのような主張が行われるのか。正当化Howの文脈ではなく、理由を問うWhyの文脈で向き合うときに僕達は少しだけ相手の気持ちに立てるように思うのです。卑近な例を上げるなら女性専用車両にわざわざ乗り込んで「私達は女性専用車両に乗る権利がある」と言う男性のことを思うのです。このとき、その権利についての議論はまったくもって無意味でしょう。なぜ彼がそのような主張をするにいたったのか、そこにこそ対立解消のヒントがあるように思います。

次回

さて、連載「日本と世界の課題を丸くする」は次にポスト・シンギュラリティについて取り上げる予定です。これまでの連載は以下。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です