批判に応答する:フェミニズムとミサンドリーの関係、そして真に批判すべき対象とは

多くの方から批判を受けた「フェミニズムとミサンドリーの関係」について、全ての批判に対する応答として記事を書きました。これからも批判に対して常にひらかれた形で主張を続けていくつもりです。問題の本質はミソジニーにある、という話。

6月頭、いわゆるプチ炎上のようなものを体験しました。非常に多くの方から批判を受け、正直動揺もしながら、それらの批判に応える形で数日間twitterで議論・対話を行いました。この記事はその批判と、批判を受けての今後の考えについて整理するためのものです。

批判の前提

まず今回受けた批判の前提になる、該当記事を共有します。

内容を端的にまとめると

1.ミサンドリーとフェミニズムは両立しない
2.なぜならミサンドリーは男性差別であり、
3.フェミニズムは性差別を許容しないからだ
4.にも関わらずフェミニストと自称しながら実際はミサンドリストである人が多い
5.フェミニズムの印象を悪くするからそういう人はミサンドリストと自称すべきである

という内容です。これについて、本当に多くの批判を頂きました。以下では頂いた批判を紹介します。重複するものも多かったため、ある程度自分の言葉に咀嚼した上、整理しながら共有します。

受けた批判を粗く理解したときの文言

14 thoughts on “批判に応答する:フェミニズムとミサンドリーの関係、そして真に批判すべき対象とは

  • 2018年6月29日 at 7:02 PM
    Permalink

    真面目な方ですね。でも以前の見解で概ね正しいと思いますよ。
    フェミって戦略的に定義をごちゃまぜにしてるんです。
    その理由は、フェミが一枚岩でないのを自分らが一番承知しているからです。
    ネット上の大勢であるミサンドリー層は敵にできないんですよ。

    ミサンドリー層はぶっちゃけ人生オワタ状態の女性がメイン層です。
    この方たちはヘイトスピーチ自体が目的化していて、
    目先のガス抜きを続けて気分良く人生閉じることが目的です。
    平行線を続けることが利益というある種の虚無主義ですね。
    フェミが現状採っている、定義をごちゃまぜにする戦略と親和性が高いです。

    貴方のような真面目な方ほど、こういう土俵にうまく乗せられます。
    そこは永遠に平行線のフィールドで、目標地点は破滅ですよ。
    ミサンドリーは持続可能な社会の破壊行為ですから、
    フェミニズムとミサンドリーの癒着はきちんと批判すべきです。

    Reply
  • 2018年9月2日 at 10:41 PM
    Permalink

    ミサンドリー(被害者)を生み出してるのはミソジニー(加害者)だと言ってますけどそこからミサンドリー(加害者)がミソジニー(被害者)を生み出すこともあるんですよ。
    そういう負の連鎖を無視し女性を被害者男性を加害者と性で決めつけ長々と文章書いて結局言ってることが異性のミサンドリーの暴言はしょうがない理由があるから野放しにするけど同姓のミソジニーの暴言には批判すべきだって性差別宣言じゃないですか。

    Reply
  • 2018年9月3日 at 1:26 AM
    Permalink

    ミサンドリー(被害者)を生み出してるのはミソジニー(加害者)だと言ってますけどそこからミサンドリーがミソジニー(被害者)を生み出しさらにそこからと続いていくんですよ。
    攻撃してきた個々じゃなく性別を対象にヘイトをし返しそれらが拡散して負の連鎖がどんどん生まれ被害者と加害者の役回りがぐるぐる変わっていくんです、そういう負の連鎖で後から生まれた人達を無視し女性を被害者男性を加害者と性別で決めつけて。
    記事を長々と書いてますが結局言ってることが性差別宣言じゃないですか。
    ミサンドリーのヘイトは理由があるから、自分が男性だからと許容し、ミソジニーのヘイトは自分が男性だから批判すべきだってなんですか?
    ヘイトや差別はどんな理由があろうと駄目ですし異性を傷つけてるのはミサンドリーミソジニーどちらもです、両者は平等に批判されるべきですよ。
    異性嫌悪主義の両者を批判するのではなくどちらか一方を批判する選択をし、同性か異性かで差をつける人になったのは残念です。

    Reply
  • 2018年9月6日 at 8:09 PM
    Permalink

    「ミサンドリーを生み出してるのはミソジニーである」って、加害方向の固定化は非対称性であると思うのですが、男性の持つ権力とのバランスを取るための非対称性なのでしょうか?
    加害方向の固定化ができるのなら、それは権力を持っている、と言えてしまえる気もします。

    Reply
  • 2018年9月11日 at 7:54 PM
    Permalink

    知的で誠実な方だとは思うのですが、打たれ弱すぎかと思います。
    偏る勇気を持たれては?偏った地点が正しいこともありますし、それが人の目を覚ますこともあります。
    上にも書かれていますが、長々と中立を意識した割には、結局流されて性差別宣言にしかなっていないのが残念です。

    大変失礼なことを言いますと、自らの発言で誰かを傷つけたか傷つけていないかでポジションを変えるなら、言論みたいなことをやらない方が良いかと。
    その優しさで傷つける人を減らせても、その言論で社会を変えることは無理です。
    自らが思う正しさが、時に人を傷つけるのは当たり前なのですよ。

    この記事の内容を一言で要約すれば、「八方美人」です。

    Reply
  • 2018年9月27日 at 6:11 PM
    Permalink

    批判を正直に受け止め自らを省みる精神は素晴らしいと思います。
    ただやはり私も流されてるなぁ…と思いました。
    貴方への批判の中で1番気になったのは「当事者でないものがジャッジするな」という部分です。
    わからねぇ奴が他所から噛み付いてくんじゃねーよ!ということなのかも知れませんが、理解を示そうとしている人間にまで攻撃性を発揮するのは単に他人を攻撃したい本性が見え隠れしますね。
    普通であれば懐柔するなどして味方に引き入れるのが賢いやり方ってもんです。(まぁ皆が皆ロジカルではないにしても…プチ炎上とのことなのでお察しですね)

    また他人が云々というのも意味不明ですね。結局自分たちがどう認識されるかというのは100%他人からの視点あっての事です。観測されなければ事象が存在しないのと同じで。
    別の方も言われてますがミサンドリーがフェミニストを自称するのはある種イメージ戦略なのです。
    ミサンドリーという(正直僕もこの記事を見かけるまで知りませんでした)新しい言葉で括られると不味いという意識があるのです。
    まだフェミニストの方が女性の差別撤廃を訴えてきた実績の大衆イメージがあるため、その実やっていることが男性への差別で本筋であるべきフェミニズムを軽視していてもね。

    恐らくミサンドリストも心の内では分かっているんです。自分たちが余りにも攻撃的過ぎて異性はおろか同性にすら批判されることを。
    そこで批判の雨をもっと大きなカテゴリであるフェミニストという傘で受けることでダメージを減らそうとしているんです。
    上から目線が〜とか当事者でもないのに〜というのであれば自分たちがフェミニストという傘の中にいながら攻撃してくるのはとても卑怯ではないでしょうか?

    このイメージ戦略は日本における自称リベラル又はサヨクと呼ばれる思想の方々とやり口が非常に似通っており、実際に彼らが入り込んでいることで余計に胡散臭さを増しています。
    時代が移り変わりフェミニストの活動も少しずつ変わっていく中でかの人達が批判すべき一つは内に蔓延るこういうイメージを食い物にする人たちでしょう。

    Reply
  • 2018年10月13日 at 12:49 AM
    Permalink

    フェミニストやミサンドリーの論理構成はかなり共産主義に似ています。

    そもそも、平等を訴えているあたり、共産主義と類似しています。

    なので、フェミニストつまり男女平等という考え方は机上の空論としては素晴らしいですが、現実には当てはまらず、もし男女平等などを目指せば間違いなくソ連と同様、粛清と強権主義に性質変化し、やがて汚職と腐敗で崩壊するでしょう。

    実際にフェミニスト、そしてそこから派生したミサンドリーは暴力的に変質しています。

    男女にはある程度の差はあります。
    戦で死ぬのは男性であるべきだろうし、平時で仕事をこなすべきは基本的には男性でしょう。
    フェミニストはそれを差別と批判しているが、果たして本当に差別なのか、よく考えるべきだと思います。

    私は宗教家ではなく、信仰もありませんが、天が決めた事、あるいは自然科学的進化の結果という真理があり、たかだか人間がそれに反するフェミニズムなどはそもそも道理に反しているでしょう。

    よって、フェミニストの考察などそもそも意味のないもの、無意味でしょう。

    道理に反する筆者が、同じく道理に反する批判者から道理に反する文章に対して批判をし、その文章と批判に対する検証をしたとしても、道理に反しているものがどうこうなるものではないでしょう。

    結局、平等などという自然科学に反する、宇宙の道理に反する考え方自体、人間が頭で作った幻、錯覚に過ぎないでしょう。

    とにかく、フェミニストと共産主義は類似しているので、失敗し、結果大勢を不幸にするだけだから辞めておきなさい。

    Reply
    • 2019年5月17日 at 7:18 PM
      Permalink

      昔はそれで良かったよ。
      だけど、右翼的な日本のままではもう遅いんだよ。時代について来よう。共産主義とフェミニズムは別であるよ。現にフランスやアメリカは日本よりよっぽど男女平等に近いけど、共産主義国ではないよね?
      フランスは女性が社会進出したことで子供の出生率も高くなっているんだよ。女性も稼いで養えるから。男女平等を訴えるフェミニズムが共産主義国になることに直結するだなんてまっぴらな誤解だし、そう思ってしまうのは頭が悪いとしかいいようがないね。ソ連が衰退していったのは男女平等が原因じゃないことくらい幾ら何でも分かるよね?極右的な古臭い腐りかけた考えは辞めておきなさい。

      Reply
  • 2018年11月9日 at 5:04 PM
    Permalink

    大概のフェミって上の方が言ってるけど、一枚岩でもないし、別に主張が一貫性をもってるわけでもないんですよね。
    都合よく切り貼りしてることが多いので、気にしなくていいと思います。
    特に、女批判してる暇があったら、それを生み出してる男を批判しろ、は卑怯なものいいとでもいうべきで。
    じゃあ女は批判されることが一切ない無敵艦隊ですか?ってなりますよ
    まんまブーメランでかえせますしね

    Reply
  • 2018年12月31日 at 12:25 AM
    Permalink

    私は割とこういった問題には無関心な立場の人間ですが、公平性の理論の積み重ねによって、誤った倫理観を打ち破ってきた結果が現在のフェミニズムと考えています。
    こういった物事が進む過程で、個人の体験による不合理に対する怒りが原動力となったという事は大いにあるだろうと想像しますが、最終的には対立する者同士が理性を尊重し、物事を進めたはずです。

    今回の件について、ザッと読んだ限りでは
    ①感情的な視点からの批判
    ②自分は弱者であるという認識のもと、いわゆる価値転倒を用いた批判
    ③不勉強を理由に議論の場にからの退場を求めるもの
    などが多いかなと感じました。
    SNSあるあるですが、実際に痛い所を突かれた後、それを整理し向き合う姿勢をは素晴らしいと思いました。議論に参加する人が最低限持つべき姿勢だと思っているからです。

    私は基本的に、オープンなSNS上で議論が成り立つわけが無いと思っています。
    長文を書きたくないので要因をシンプルに
    ①ブロック機能
    ②提示ではなく完結した主張

    年末に何をやっているのだろう、私は。
    あ、ちなみに私はマルクスが提示した科学的社会主義は人類社会に非常に有益な知見をもたらしていると思いますよ。

    以上、通行人のコメントでした。

    Reply
  • 2019年1月9日 at 2:43 AM
    Permalink

    ミソジニーもミサンドリーも、性差別的な発言が無ければ問題ないと思いますが、以前の記事内容に対しての批判をしたのはミサンドリーやミソジニー中でも差別主義者の部類に入る人間でしょう。自分の痛みには敏感で、相手を傷つけていても何も思わないどころか寧ろ悦に浸るような人間です。そういう人間が記事に挙げられていた批判をよくやります。しかし、中身は批判ではなく、「先にやってきたのあいつだし」「やり返しただけだし」「お前関係ねーじゃん」 等の小学生並の言い訳でしかありません。そんなレイシスト達の言い訳に付き合う必要なんてありません。ミサンドリーやミソジニーの方々の中にはもっと論理的な対話ができる人がいるのですから、そちらの意見を聞いた方がよっぽど建設的なです。

    Reply
  • 2019年2月7日 at 12:25 PM
    Permalink

    この記事を読む限りあなたはとても優しくて相手を理解しようとする方だと思いました。
    ですが他の方もおっしゃってるように自分の意見の主張が弱いのではないでしょうか?
    自分の発言で相手を傷つけることも自分が傷つくことも恐れているように見えますね。
    相手の意見を受け入れることと、自分を持たないことは根本的に区別されるべき物ですよ?
    批判される事が怖いなら意見するのはやめた方がいいと思います。
    批判される事が怖くて自分の意見を持たないのなら、実りある議論なんてできるわけもないですし、健全なフェミニズムの発展なんて不可能ですよ?
    みんなが聞きたいのはあなたの意見です、他のフェミニストの意見なんかじゃありません。それだけは忘れないでください。

    Reply
  • 2019年9月10日 at 9:26 PM
    Permalink

    >ミサンドリーが何に対して怒ってるか、口汚いかを辿ること。ミソジニーがどんな攻撃や押し付けを女性性、女性に行ってるか、Twitterは分かりやすいからよく読むこと。

    私たちは邪悪なモノに怒りをぶつける正義の怒り方をしているから、どれだけ口汚い暴言を吐いててもどんなヘイトスピーチを行っていても絶対に正義なんだ。お前ら男が「ミサンドリー女性が口汚い理由や怒る真意を理解し反省する」ことが重要だ。お前ら男が「女性様が絶対に正義で、自分たち男が絶対悪だ」と自覚することが重要だ。

    私たちネット上男性嫌悪主義者が一方的に協議して勝手にツイに記した私たちツイフェミニズム教の教典をよく読むこと。
    私たちミサンドリー女性様がなぜフェミと名乗り、私たちミサンドリー女性様が何に対して怒り狂い、口汚く罵っているかその原因をオスが自ら学習すること。オス共が私たち女性様に向かって何をしているか、どんな行動をとっているかを自覚すること。
    その上で、オス共は私たち女性様に対する攻撃や押し付けを行うことを止めること
    そして、私たち女性様の正義の攻撃や押し付けは黙って受け入れること。

    こうやって「男共が女性様に対して何をさべきか」「男は女性のためにどんな努力をすべきか」を上から目線で命令するように指図している時点で、フェミ=女性、弱者、被差別層という主張が聞いて呆れる。

    ツイフェミ=ミサンドリー女共は「都合が悪いモノに怒り狂い」「怒り狂ったものには消滅してもらい」「自分たちに都合良く改善されてもらう」ことばかり欲望し、「自分たちは絶対に誰からも改善される気は無い。私たちは自分のことだけを考えて行動する」と確固たる意思で決めているモンスターたちのこと。

    自分たちは「女性」である時点で正義だし、「ミサンドリー(男性嫌悪)」であることが正義で常識だと思っている。
    だから自分たちは男性に対してどのような侵害的な要求をしても良いし性差別的なヘイトスピーチをしても良いと思っている。
    自分たちを批判してくるようなジャップクソオスは全員が「ミソジニー(女性嫌悪)」の「女性差別主義者」に違いない。
    こんな正義感で生きる狂犬たち。

    自分が教育する側、世間のオス共は改善される側。
    自分の加害言動は「正義の制裁」で、オス共はそれに抗うことなく「大人しくねじ曲げられるべき」集団。

    こんな男性差別主義者ミサンドリーたちを、フェミニスト、そしてあろうことか「一般の普通の女性」として扱うなんて、おぞましくとんでもない話。

    手をさしのべる人間にまで「手の出し方が間違ってんだよ」と噛み付くようなモンスター狂犬共を、「普通の女性」などと認めることは絶対におかしい。

    こいつらは、自分たちが男性アンチ的に汚らしく怒りを爆発させ、男性差別的に汚らしい害意や敵愾心を暴走させて吠え回ることすらも、「正義」「常識」「当然のこと」として男性に受け入れてもらうことを要求しているモンスター。

    「フェミニスト」、ましてや「女性」を名乗る資格すらも微塵もない。

    Reply
  • 2019年9月27日 at 3:43 PM
    Permalink

    知識に貪欲で、非常に謙虚な態度だと思います。フェミニズムに限らず、あらゆる社会運動にかかわる人がこのような態度であれば諸問題はすぐに解決しそうなものですがね。
    しかしまあ記事中の10番の批判なんてとんでもない暴論ですね。差別に声を上げるはずの人が自分から差別主義者になってしまっています。

    私事ですが、「女性差別批判の中で男性差別を軽視するような表現があった」ことを指摘したところ、フェミニズム界隈から大きな批判を受けるということが最近ありました。その際に、「現状のフェミニズムはミサンドリーにすぎない(区別がつかない)」といった内容も示して、同様に批判を受けました。記事を一通り読ませていただきましたが、批判の内容は記事にあるものと非常に似ていました。
    こうした現状の最大の問題点は、論の正しい間違っているではなく「味方が付かない」ということだと思います。このようにフェミニズムとミサンドリーを区別せず、フェミニズムを「男女間の戦争」という風にしてしまうとまず男性は味方に付かないですし、女性の中でもこの対立構造の定義に納得している人しか賛同しません。結果的にフェミニストという「お仲間」だけで社会を相手にしなければいけないわけです。
    この状態が、フェミニズムとミサンドリーを分けるべきでない最大の理由だと思います。shikakumaruさんは今回「フェミニズムとミサンドリーは分けられない」という結論を出されていますが、私はそれでも自称フェミニストには「切り分けるべき」という主張をしたいです。これは性差別をなくすための戦略の話です。本当に社会を変える気があるならば、ですが。

    関連して私が非常に思うのが、「正論で世界は動かない」ということです。フェミニズムに関わる皆さんはよく勉強されてる方が多いですし、人それぞれ自分の論理を持っています。しかしそれをどのように浸透させ、どのように社会へムーブメントを起こしていくという考え方に大きな不足があると私は感じています。結果的に、twitterを中心に議論ばかりが白熱し社会は変わらず、知識でマウントを取るだけで議論が終了、白熱した議論の攻撃性からフェミニズム界隈以外からは全く相手にされずむしろ煙たがられる、こういった現状になっているように見えます。
    「攻撃的にならないと意見が届かなかったのだから攻撃的になるのは当たり前」という意見もありました。しかし意見が届かなかった理由は、このように味方が少ない状態での意見発信だったからではないでしょうか、と私は思うのです。
    フェミニズムに限らず、社会運動はただの正論から抜け出し、「何をすれば社会のどこが変わるか」という着眼点で動くべきだと私は考えています。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です