結婚や出産が人生の幸福に絶対必要なんてことはないと思う

生きづらい人生を自ら作ってしまう人がいる。それは、社会の色んな「べき論」を素直に信じてしまう人。結婚するべき、子どもを作るべき、そうでないとダメだなんて素直に信じなくていい。子どもの頃に刷り込まれた価値観から抜け出してもいい。

かつて日本は「皆婚社会」でした。しかし、近年は生涯未婚率が急上昇し、2030年には男性の3人に1人、女性の4人に1人が占めるという予測も出ています。
「生涯未婚時代」とは、単に「結婚しない中高年の増加」のことではありません。「結婚を人生設計に組み込まない若者の登場」のことでもあります。
「結婚、出産を経て配偶者と添い遂げる」という生き方や「正社員となって定年まで働く」という人生設計が社会で共有できなくなった時代に、家族社会学の視点から結婚という選択肢を再考したのが永田夏来さんの『生涯未婚時代』(イースト・プレス)です。
今回は京大卒の元ニート、phaさんをゲストに招き、今まで普通だとされていたライフコースを外れて生きることの、この時代における意味について考えていきます。

via: 「結婚・妊娠・出産」って最後の宗教みたい<生涯未婚時代を生きるわたしたちのコツ>永田夏来/pha – 幻冬舎plus

 

色んな「べき論」に縛られてしまう人たち

生きていると、信じられないほどたくさんの「べき論」に出会います。恋愛するべき、結婚するべき、子どもを作るべき、大学に行くべき、行くなら4年で卒業するべき、卒業したらすぐに働くべき、働いたら退職まで所属するべき、べき、べき、べき…。

 

本当にそうでしょうか? きっと、言っている人達は「そうしないと不幸になるぞ」とあなたを脅してくると思いますが、本当に幸福は「べき論」の先にあるのでしょうか。僕はそう思いません。僕たちは幸福を感じるやり方で生きていけば良いのであって、人によってそのやり方は様々だと思うからです。

 

「べき論」を素直に信じてしまう人は、ほとんど例外なく周りにいる人もそういう人達です。誰かから言われたまま盲目に信じている人生のルールブックには、そういうことがたくさん書いているのです。でも、それを言っている人達って幸せな人ばかりですか?

 

誰の言うことを信じたらいいか

色んなことを言う人がいます。それぞれ全然違う意見を言うものだからどれを信じたらいいかわからなくなりますよね。でも一つだけいつでも使える考え方があると思います。「その人の言うとおりにしたら、その人みたいになるかもしれない」ということです。

 

あなたにたくさんの「べき論」を話してくる人は幸せそうにしていますか? 女性はキャリアに打ち込まずに家庭に専念するべきだ、という男性は熟年離婚の危機にさらされていたり、寂しくてキャバクラに行ったり部下を無理に引き連れて毎晩飲みに出たりしていませんか。その人はもしかしたら家庭で居場所が無いかもしれません。

 

結婚するべきだ、子育てをするべきだと言っている女性の家族は幸せそうでしょうか。子どもから愛されているでしょうか。その人も本当は、もっと別の生き方があったのかもしれないけど、なんとか自分を肯定するために自分の選んだ道を人に勧めているだけかもしれません。

 

だから、あなたが信じるべきは「この人みたいになれるなら信じてみてもいいかな」と思える人の言葉です。その言葉だって間違いかもしれませんが、少なくともなりたくない人の言うことを聞くよりはずっと良いように思います。

 

べき→したいへ

凄くシンプルなメッセージですが、やっぱり自分が納得して色んなことをするのが一番です。結婚するべきだからするのではなく、結婚したいからするのです。子どもを育てるべきだから育てるのではなく、育てたいから育てるのです。

 

全ての常識を破壊する必要も、あらゆる偏見から解放される必要もありません。でも、誰かの「したい」ではなく自分の「したい」を大切にすることだけは忘れないようにしたいなと常々思います。


世の中には色んな幸福論がありますが、アランのそれも面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です