女性差別、男性差別を「同時に」視野に入れるジェンダー論という考え方

「フェミニズムは男性差別をしている」という指摘に対して、「いやフェミニズムにも色々あるぞ」という回答は不毛だ。ジェンダー論という名称で「男性女性問わず、性別に由来する社会的抑圧からの解放」を目的とした思想を育めないものだろうか。

【2018.06.11に追記アリ】

【批判への応答記事】

http://shikaku-maru.com/news/respond-to-critical-opinions/

用語法について

まず第一に、僕の専門はフェミニズムやジェンダー論には無い。先行研究の整理も最近のムーブメントも追えていない。だからこれはあくまで暫定的な用語僕が抱えているのは危機感と怒りである。

twitterを見ていて、フェミニズムとアンチフェミニズムの対立が凄い。本当に凄くて、唖然とする程だ。お互いに整理された用語も使っていないし、「フェミニズム」という非常に大きな括りに対しての批判があったり、逆にフェミニストを自称する人にも「ジャップオス」といった言葉を使う人がいて、おそらく元々のフェミニズムの主張からはかなり外れたミサンドリーと呼ぶべき人たちもたくさんいる。

【2018.06.11追記】

ここについて「ミサンドリー」と「フェミニスト」を安易に切り離した記述をしましたが、これについて強い批判を複数の方から受けました。それに応答する記事を書いています。

応答の大まかなまとめとしては、ミサンドリーとフェミニズムは両立しうる、ただしミサンドリーに基づく強烈な差別発言については必ずしもフェミニズムとは両立しえないのではと考えています。

【追記ここまで】

こうなってくると、もうどうにもならない。そこで元々の用語の定義で罵りあっても不毛である。男性差別も女性差別も良くない。そんな風に考えている人たちだっているはずだけど、今のところtwitterを1ヶ月ほどやってみてそういう人を見つけることは中々難しかった。

そこで、仮にまずは「ジェンダー論者」とでも自分の立場を名付けてみようと思う。学術的に既に定義がある可能性もあるが、それは今後の議論の中で適宜修正していきたい(というか、おそらくジェンダー論者は基本的に自由主義と極めて親和性が高いだろうと予想している。が、特に社会的性に基づく抑圧について語るという意味で名前が別にあってもよかろう)。

 

僕が考えるジェンダー論の視野

僕がいま考えているのは概ねこういうことだ。女性からの視点、男性からの視点。どちらもフェミニズムという大きな潮流の中に存在している。men’s studyと一言で言っても、その中にはフェミニズムに共感的なものもあれば真逆のものもある。とにかく今まで人=男性として無意識に持っていた、視点に内在する性を改めて認識した上での思想は全てmen’s studyといえるだろう。

人=男性として無意識に持っていた感覚というのは様々な場面に出てくる。Manは人一般を意味するということから端的にそれは見えるだろう。旧約聖書でも男性の数の表記はあっても、女性は数え上げられない。そこでは女性は不可視化されている、といったように。そして、そのような視野の狭窄に気づいた上でもう一度思想を再構築していくのがmen’s studyとざっくりここではまとめておこう。

女性差別、と言われるものはたくさんある。レイプ、痴漢、雇用の問題もあげられるだろう。と同時に男性差別というのもある。例えば男性が稼がなくちゃいけないという過度な社会的抑圧だってあるだろうし、性犯罪は常に男性が加害者であるといった社会的規範もそう呼べるかもしれない。

どちらの問題も、もしも社会的性=ジェンダーに基づいた「不当な区別」であったり「制度的な不利益」が生じているのならそれはジェンダー論の対象になるし、そのような区別や不利益があるかどうかを考えること自体もジェンダー論の対象だろうと思う。

副次的に生じる論点

また、少し離れているように見えるが結局つながっている問題として、最近僕がよく見ているのは「少子化」の問題である。女性が権利を主張するようになり、社会進出したことに伴って男性は働き口や給料を失い、それによって結婚も遅くなり、共働きで子どもも産まなくなってしまっている。

それは自然に反しているし、男性が稼いで女性が家で子育てをすることが望ましいので女性の社会進出は止めるべきだ(過激なものだと、「教育の機会を奪え」といったものもある)という意見もあるようだ。

これもジェンダー論の議論の対象として考えるべきであろう。また、当然ながら個人の自由、多様性とも対立する考え方であると思われるので、そこも含まれてくるかもしれない(が少し軸はずれるだろう)。

「四角い世界を丸くする」というこのメディアはテーマに因われず何でもかんでも議論を整理することを楽しみに作ったのだけれど、非常に関心の強いテーマとなったジェンダーについてとりわけ今後記事にして取り上げていきたい。

また、この手のトピックに関する論文、書籍、統計データなどについてオンライン上で共有するためのslackチャネルを作ったので(slackを使ったことのない人はこちらを見てみて欲しい)関心のある方は是非こちらのリンクから参加して欲しい。

終わりに

学術的なバックボーンが薄いので知らないことばかりで常識から外れたことを色々言ってしまうかもしれないけれど、突っ込まれたら適宜修正するので遠慮なくコメントやリプライなどいただけたらうれしいです。

5 thoughts on “女性差別、男性差別を「同時に」視野に入れるジェンダー論という考え方

  • 2018年2月19日 at 10:40 PM
    Permalink

    拝読しました。フェミニズムって?と始めたばかりだと戸惑うし男性という立場に置くと加害者側に立っているような居心地の悪さがあるのではと思います…。なのでフェミニズムが何故存在してるか、男女比統計を見る事からお勧めします。明確にフェミニズムが平等を目指す訴えが数値で見えていいと思います。その上で男性差別がどこを向くべきか?が見えるのでは…と。レディースデイサービスが男性差別と訴える前に男女で給与差が存在している由来、女性専用スペースが男性差別と訴える前に性犯罪の横行等の由来…しっかりした統計を見ることで誤解や感情で誤魔化されない差別の是正を目指す方向に繋がるかと。書籍は勿論過去の繋がりを見る上でも大事な文献にもなります。フェミニズム?と思うかも知れませんが、性に対する認知もみていただけると、よりフェミニズムの派生が理解出来るかもです…個人的に「性教育のQ&A」図書館にも在ると思いますのでぜひ。男女で関心の違いや質問に専門家が分かりやすく答えて居て…良かったです。日本の場合、子供向けマンガやアニメでも性差が大きく、見る世界がかなり違うという事に視点を置くとわかりやすいかも?
    後ミサンドリーですが…性犯罪で男性が加害者、男尊女卑風潮によって二次被害を受けた女性が自己否定から怒るステージに到着した段階の方々と理解して欲しいです…加害者を名指す事が出来ない、かといって男性、男という単語を使うと勘違いで絡まれる経緯があってジャップオスという名称が出来た流れがあります。そこの所の誤解を解かせてください
    長々とごめんなさい。賢い方がフェミニズムやジェンダーに興味を持ってくれると嬉しくてつい…どうか貴方という男性性が責められてると誤解せず、学べます様に。

    Reply
    • 2018年8月23日 at 4:55 PM
      Permalink

      私も拝読させていただきました。考えかたは無数にあると思います。結局、人の数だけ考え方もあるのだと感じています。

      ぴよぴよさんへ…今も本当に男尊女卑とおもわれるでしょうか?本当でしょうか?男女、それぞれの立場にたって考えていただければ幸いです。「男女で給与差が存在している由来」…そのデータを見ていないのでなんとも言えませんが、男性が高い給与をもらっていたとしても、男女どちらのほうが支出(お金を使っている)が多いかのデータはあるのでしょうか?それらのデータは、男性視線がどの程度あるのでしょうか?

      「性犯罪で男性が加害者、男尊女卑風潮によって二次被害を受けた女性が自己否定から怒るステージに到着した段階の方々と理解して欲しいです」…性犯罪によってダメージを受けた方々に手を合わせます。女性専用の車両などは支持します。
      また、私は男性ですが、電車には乗りたくない気持ちも理解してください。私は電車で、近くに女性がいることに恐怖します。電車から降りるときには、眩暈がよくします。私のような神経質な男性は、極度に冤罪を怖れています…そういった男性が、少数ながらいることも理解してください。

      私はかつて、女性ホルモンの摂取をうけていました。それで感じたことは、男性ホルモンは強力な麻薬だと感じました。男性は、女性の色気をみれば、異様な興奮となるように生理的に仕込まれている性だとも理解しました。性犯罪の男性は罪です。と同時に、男性の生理にかんしての理解を深めなければ、どうにもならないところに来ていると思います。

      人には先入観があります。アメリカでは、人種差別があり、白人男性が優遇されていると考えている人が多いかもしれません。けれど、貧困な白人男性はないがしろにされる傾向にあり、社会の無理解によって抑圧されているのかもしれません。白人が差別と言えば、白人至上主義と非難され、男性が声をあげれば、女性差別と非難されることが多いようです。スポットライトが当たっていないのです。

      男性は、成功者と失敗者の差が大き過ぎます。なかでも中年男性…外形が悪く、悪であり、単なる消耗品でしかない彼らのへの社会の無理解はすごいです。下層にいる男性への理解が少しでもあれば、自殺率・ホームレス・犯罪率・寿命・豊かさなどが良いほうに振れます。少しでもスポットライトを当ててあげれば…。私もそうなのですが、失敗した年をとった男性は、ゴミと変わりません。お金がないので結婚できず、孤立し、手をさしのべる公共・民間・NPOはほとんどありません。

      ぴよぴよさん。私は非難するつもりはありません。私はぴよぴよさんに知ってほしいのです。私はいつも悲しくて泣いています。

      Reply
  • 2018年3月1日 at 8:48 AM
    Permalink

    本題ではないですが、ツイッターは議論するメディアというより共感と同調のメディアという面が強く、視野が狭くなりやすい気がしますね…
    物事の一面だけを捉えて同調を繰り返してる内に、自分の考えが絶対的なものと勘違いしてしまう可能性は高いように思えます。
    まして、短い文で対話を行っているので、そもそも前提が伝わって無かったり、勘違いする様な文を送りつけあう事がよくあります…
    更にそれが、この意見に同意しない人は変な人ばっかりだ、見たいな先入見に繋がっていて、見ていてもうどうしようもないなってなってしまいます。

    Reply
  • 2018年3月13日 at 3:03 AM
    Permalink

    生殖の役割から解放されない限り平等なんてないよ。

    いくつかの価値観がジェンダー領域内で衝突している。
    それぞれどの価値観を重く見るかは個人の好み。
    つまり意見は割れる。最適はない。

    犯罪と性別由来の不利益の是正を対症療法で都度やって、科学が性別を無意味にしてくれるのを待とう。

    Reply
  • 2018年3月21日 at 3:41 AM
    Permalink

    男は平等を目指している訳だけど、日本人女性の大半は平等なんか目指してないと思う。
    現状はただこの世の不憫さを憂いて、受け入れて、上手くやっていこうとしてる。
    なんで日本の若い女性に内股でひょろひょろ、ふらふら歩く人がいるのだろう。
    女性は女性として求められていることをこなすことに充実感を覚えているんじゃないだろうか。(こんなことをミサンドリストに言ったらフルボッコにされそうだけど僕はそう思う)(日本国内限定)ボーヴォワールが言った第2の性っちゅーやつだ。
    「守りたいと思わせたい」とか「助けたいと思わせたい」とかそういうマインドは多くの女性が持っているんじゃないか。Twitterでよくバズってる「男は金」「男はATM」のような、ネタみたいなガチみたいなツイートもそういう心情を現している。
    それってその時点で平等は目指せなくなる要求だし、それなら給与が相対的に男性より低くなるのも、社会で立場が弱くなるのも理解できる。ただ一言「仕方ない」で終わるやつ。
    結局は女性がどう生きたいか?な気もする。
    「女性」という、大きすぎるカテゴライズではなくて、「人」としてどう生きたいか、を一人ひとりが、それぞれの人生に反映させられるシステムが作られると良いと思う。

    マイナンバー

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です