パートタイムと非正規雇用:女性の労働問題からすべての人の労働問題へ

「パートタイムのおばさん」は、今で言うまさしく非正規雇用。しかし、その問題が子育て後の女性に限定されていたときは社会問題にはなりませんでした。2004年の労働法改正が若い男女にまで非正規雇用を広げ、初めて社会問題化したの

Read more

男性も総合職ではなく一般職に就く時代、会社中心生活の終わりへ

一般職と聞くと女性が無意識に連想される時代は終わろうとしています。そもそも総合職と一般職という区分けも無意味なものになっていく。それが働き方の多様性ある、目指すべき社会でしょう。結局転勤しないと偉くなれない仕組みから改革

Read more

正規より300万円年収が低い非正規社員の人生の先行きを誰が照らすのか

恐ろしいほどの格差があることはわかってましたが、まさにそれが浮き彫りになった形。正規と非正規での平均給与の差は実に315万円にもなることが報じられています。しかも、その格差は年々広がっています。大卒の1/4が非正規雇用の

Read more

AIがどんなに発達しても手書きの書類ばかりじゃダメだ

手書きにはぬくもりがあるかもしれないが、読み取りづらさという最大のデメリットがある。AI時代に対応していくためには手書きから卒業する必要が出てくるでしょう。読み取り性能が向上しても、書いた本人すら読めないメモがある限り期

Read more

過労死問題を報道するNHK、過労死が起きていたことを隠蔽していた

異常な労働時間と、それによって人が死んでいるという問題について報じるNHKもまた過労死を生んでいたことが明らかになりました。しかも、その事件について公にしないように努力していたようで、それは凄くずるいやり方だと思いません

Read more

パソコンと情報化社会のAIの立ち位置の類似性:あなたは使う側?

変わり続ける社会の中で、最も重要な能力というのはどんなものでしょうか。パソコンが使えると嬉しい時代から、使えないと困る時代が来たように、AIもまた同じような立ち位置になるかもしれません。しかし本質的には「学び続ける力」が

Read more

現役世代よりも高齢者の保障が厚い? 40代の低所得者層が増加している

何とも苦しいニュースです。現役世代としてバリバリ世帯を引っ張っていくことを求められている世代に低収入者層が増えているとのこと。日本は一体誰のために政治をしたらよいのだろう。就職氷河期時代、当時の若者達の災難は一生ついてま

Read more

AIがいくら発達しても日本人の残業が減らない可能性が恐ろしい

文明の発達は常に人間を楽にするために行われてきたはずなのに、いまもブラック企業と自殺の問題が後を絶たない。AIの発達ですら日本人の残業問題は解決できないとすら言われています。結局全ては労働者のためではなく経営者のための効

Read more

ロボットに仕事を奪われないようにするには彼らに税金を掛けるしかない

機械に人件費に近い税金を掛ける。現実味がないけど、冗談ではなく世界レベルで議論されているのです。そうでもしないと経営者がコスト削減を求める限り人の仕事が無くなってしまうことは確実です。働かなくても生きていけるならいいんだ

Read more

AIの発達で失われる労働:建設現場にホワイトカラーとロボットだけがいる時代

力があれば出来る、そういう仕事が全てロボットに奪われるまで時間の問題かもしれない。ある技術を磨くよりも、それを代替するロボットを操作する技術を磨く方が良いのかも。とはいえそういう学習にはお金も時間もかかるし、普通は無理だ

Read more

煙草休憩という謎特権を正当化するための方法

煙草が吸いたい、そう思ってしまったら仕方がない。業務を10分ほど抜けて喫煙室でお喋りしながら休憩する。非喫煙者からしたらずるいと感じてしまうこの煙草休憩。正当化する簡単な方法は「その分、非喫煙者は有給を取って良いよ」でし

Read more

トップレベルの研究者が非正規雇用の日本は間違っている

いくらなんでも酷すぎる日本の最先端の研究の現状。なんでこんなに日本は大学や研究に対して冷たいんだろう。ノーベル賞を獲ったときだけ喜んだって何の意味もないのに…。研究は事業ではなく投資だということにもっと自覚的に運営してい

Read more