「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと

「社会はこれからどうなるのか」を検討するとき、常に様々なトピックについて多様なオピニオンが提示される。そもそも日本や世界が抱えている課題とは何なのか、それについてどのようなオピニオンがあるのか。それをこれから少しずつ整理する。

本連載について

この記事は「日本と世界の課題を丸くする」という連載の中に位置づけられます。「社会問題のwikipedia」を目指して、今はまず(特に日本を中心とした)世界の様々な課題を整理しています。

今回は三菱UFJリサーチ&コンサルティング「2018年日本はこうなる」、日本経済新聞社「日経大予測 2018 これからの日本の論点」、大前研一「日本の論点2018-2019」の情報を元にしています。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

 

日本の論点ってなんだろう

社会問題について広く知識を収集したいと思った時に、僕はそれがまとまっている場所がないことにとても驚きました。個別の問題はそれぞれさまざまなサイトに断片的に置かれており、またそれらの社会問題は本当は原因や結果において繋がっているのにその関係性も見えない。(wikipediaもこんな感じ

色んな論点に対して沢山の主張やアイディアがあるのに、それらはその考え方に共感する人間同士のネットワークの中でだけ共有されて反対する人に届かない。そういう場がないなら自分で作ろう、そんな思いから四角い世界を丸くするというメディアを立ち上げました。

そして、いざ「社会問題について片っ端から整理していこう」と考えた時にわかったのは改めて「何をもって私たちは社会問題を社会問題と呼ぶのだろう。いまある社会問題はどんな風にカテゴライズ出来るのだろう」とうことでした。

私自身が特に関心のあったジェンダーや働き方改革、貧困の他にも多様な論点があるし、そもそも「シングルマザーの貧困は雇用制度に原因がある」といったカテゴリを跨いだ課題もたくさんある。それを1から考えるのもやっていきたいのですが、その前にまず既存のカテゴライズを見てみようと思って3冊ほど論点に関する本を購入しました。

今回見た3冊の本の特徴

そんなわけで、今回の記事は読んだ3冊の本の特徴を簡単に整理するところから始めたいと思います。

日本経済新聞社「日経大予測 2018 これからの日本の論点

日経大予測の特徴は極めて明確なものです。それは経済に関わる観点からの分析であるということです。カテゴリーは「経済・金融のこれから」「産業・企業はこれからどうなる」「政治・国際情勢・世界経済はこれからどうなる」となっています。

経済・金融のこれからが全体の半分を占め、残った2つが1/4ずつのボリュームです。要するに経済・金融といった側面から問題を整理しているわけです。内容もかなり骨太で求められる前提知識も多く、金融や経済の知識が薄い人間にとってはやや難解でしょう。

大前研一「日本の論点2018-2019

世界的に有名な伝説のコンサルタント大前研一さんは、大きく「日本の主役交代」と「世界の主役交代」というカテゴライズを行っています。トピック間の関係性は特になく、デジタル化による産業破壊から日本の空港戦略の欠如、更には東京オリンピックの開催時期の愚かさなどビジネスから政策レベルまで幅広く批判的な検討がなされています。

驚くべきは国際情勢における豊富な知識と明快な解説。EUとトルコの関係を難民流入の視点から説明したり、南シナ海の領海を巡る争いを日本のこれからの戦略と繋げて説明するなど、非常に面白い一冊でした。ウェブで連載しているものの一部を抜粋した内容とのことで、内容同士の関連性が薄いのは必然かなと思います。編集者の努力によってはもっと構成が変わるのではとも思いますが。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング「2018年日本はこうなる

この本が一番カテゴリーは多かったです。実に8個あり、「国際社会・海外ビジネス」「産業」「企業経営」「働く場」「社会・文化」「少子化・高齢化」「地域」「地球環境・エネルギー」です。他の2冊と比べて明らかに異なるカテゴライズを行っているのがよくわかります。

あえていうと前半がビジネス寄りの4つ、後半が社会についてが4つという感じですね。四角い世界を丸くするという弊メディアが今後取り組みたい領域を考えると、このような社会問題について論点が提示されている本書は有用でした。

いくつか気づいたこと

この3冊をさくっと読んでみてわかったことがあるので、簡単にまとめておきます。1つ目は、社会を捉える上で経済的な側面は極めて重要であること。そして、その経済的な側面というのはa.経済・金融レベル-b.産業・企業(経営)レベル-c.労働環境レベルに分類すると明晰であるということです。

次に、この手の本には大きく「経済経営系」の本と「そうでない」本とがあるということです。関連本を見ていると明らかに経営によっていた「BCGが読む 経営の論点2018」といった本もあれば「文藝春秋オピニオン 2018年の論点100 」もありました。今回読んだ3冊はやや経営よりの印象を受けたので、この文藝春秋オピニオンについては追加購入して読むことにしました。

また、当然のことながら「日本の経済」の話をしているときに海外の政治情勢が話題になることもありますし、労働問題について語る時にジェンダーについての議論が出るような場面もあり、どんなカテゴライズをするにせよそのカテゴリーをまたがる問題というのは確実にあります。これをどのように処理するかはいましばらく考えたいところです。

恐らくは1つのトピックごとに複数のタグをつけ、カテゴリをベースとしつつもタグによってカテゴリを越えた繋がりがあることをきちんと可視化出来るような仕組みが社会問題のwikipediaには必要でしょう。

また、今回読んだ本はどれも事実の整理に加えてオピニオンが書かれているわけですが、それは相反する人の意見がどちらも出ているわけではなく、あくまでその論点における1つの見方に過ぎません。複数の視点や意見が提示される方が私にとっては魅力的だと感じましたので、そのような仕組みを作る必要があることもわかりました。

まとめ

ざっくりまとめると、今回3冊の論点本を読むことによって以下のことがわかりました。

・論点本には経済・経営を中心としたものとそうでないものがあること
・四角丸では後者のような形が望ましいこと
・経済の視点は「金融」「産業」「企業経営」「労働環境」のレイヤーがあること
・1つの論点について複数の見方、オピニオンが提示されると嬉しいこと

得られたこれらの知見を元に、ひとまずもう1冊新たに読むことで大枠のカテゴリーを設定出来たらと考えています。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です