書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」

人の理性への信頼に基づく絶対知は失われ、いま「感情、モノ、テクノロジー、共同性の知」の時代に移りつつあると著者の小川さんは述べています。様々な価値観が揺れ動く中で、その原因を考えるための1つの視座を提供してくれる良い本でした。

本連載について

この記事は「日本と世界の課題を整理しよう」という連載の中に位置づけられます。個別の問題についての具体的な分析はもちろん、それ以上に「そもそもどのような課題が日本や世界にはあって、その課題の中にあるサブ課題やそこにある対立、関係性はどのようなものか」を俯瞰的に整理していくことが目的です。

そのために、主に2つのソースを使って記事を書いていきます。1つは書籍。社会問題を広く取り扱う書籍を参照しながらその目次を洗い、いまある課題のカテゴリや構造を読み取ります。もう1つはツイキャスを通した対話です。今後活発に行っていくつもりですので是非楽しみにお待ち下さい。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

今回の書籍

連載最初に取り上げる書籍は小川仁志さんの「哲学の最新キーワードを読む 私と社会をつなぐ知」にしました。2018年2月に出版されたばかりの書籍である点、哲学のキーワードと言いつつ社会全体を捉えるための重要な視座を提供している点が選んだ理由です。

ちなみにこれまで「様々な社会問題を整理、分類している書籍はないか」ということを色んなところで聞いており、そこで教えてもらった書籍をウィッシュリストにまとめています。もしよろしければ是非おすすめの本をコメントなどで教えて頂けたら幸いです。また、お贈り頂けた場合は必ず書評を書きますので是非お願い致します。

4つの知とは何か

本書は一応公共哲学の書籍という形になっています。公共哲学とは「私と社会」との関係についての哲学であると本文で述べられています。個人と社会との関係を理解するために重要な視座が4つ取り上げられていますが、そのどれもがこの激動の社会における重要なキーワードと繋がっています。

1.感情-ポピュリズム、再魔術化、アート・パワー
2.モノ-思弁的実在論、トリプルO、新しい唯物論
3.テクノロジー-ポスト・シンギュラリティ、フィルターバブル、超監視社会
4.共同性-ニュー・プラグマティズム、シェアリング・エコノミー、効果的な利他主義

こう見てみると、2以外は一見哲学のキーワードのようには思えません。しかし哲学とは机上の空論を考えるだけではなく、むしろこの社会とヒトとを捉えるための視点を常にアップデートし続ける分野でもあります。このような社会現象と密接に繋がったキーワードが出てきても特に不思議はありません。

しかし、重要なのは「これまでの知」とは何が違うのかということです。本書では、これまでの「絶対的-理性中心-ヒト中心の知」が終わるという文脈でこの4つが語られています。これまで知というのは常に個人の理性によって生み出され、確認されるものでした。

しかし、トランプ大統領に見いだせるようなポピュリズム的な知が社会を動かすようになり、宗教は理性にも増して強く社会に影響しています。人の特徴とされてきた理性とは異なる文脈による知が明らかになる中で、モノに着目した考えも出てきています。そして技術革新が続くAIはまさに新たな知の形を予言しており、シェアリングエコノミーのような「個人ではなく共同体」が主体となるような時代になっています。つまり、「絶対的-理性中心-ヒト中心の知」ではない知がいま力を持っているということです。

今回はこの4つの知(2は哲学的な要素が強すぎるので省きます)を概観していきます。次回以降、1章ずつもう少し詳しく見ながら現代社会の課題を理解するために援用する予定です。

1.感情の知について

感情の知と聞いてもあまりしっくり来ないかもしれませんが、それもそのはず。知というのは感情とは別に存在し、理性によって認識されるものだという考え方が一般的だからです。そして、だからこそいまを考えるための重要なキーワードになります。本書では3つのキーワード-ポピュリズム、再魔術化、アート・パワー-が感情の知の勃興を知らせるものとして紹介されています。

ポピュリズムとは民衆がモノゴトを冷静に考えずに、扇動される形で意思決定が行われていくような状況を指します(が、果たしてこのような言い方は民衆を馬鹿にしていないかとは思う)。最近は特にSNSによって過剰な早さで情報が伝搬し、動画や画像を使ったわかりやすくショッキングなコンテンツがこれを促進すると言います。

また、再魔術化とは脱魔術化の反転です。脱魔術化とは近代社会が発達していく中で、宗教による説明ではなく理性(あるいは科学)による説明が主流になっていった過程を指します。私達は一度宗教から抜け出そうとし、そしてまた宗教の力が社会を動かすようになってきていると言うのです。テロリズムの背景となる過激なイスラム教はその典型例でしょう。

アートパワーについてはここでは言及しません。

2.テクノロジーの知

本書ではモノの知が記述されていますがこれは哲学の中でも認識論(知るとは何か、モノとは何かといった分野)の話題であって非常に難解であるためここでは飛ばします。厳密にはVRなどの高度化に伴い「現実と仮想の境が曖昧になる社会」を想定するなら極めて重要な部分ですが…。

テクノロジーの知ではまさにいま話題に上がり続けているポスト・シンギュラリティの話から始まります。人間ではなくAIの知識、思考が今後優勢になっていく可能性について記述されています。よく話題になる部分なのでここではあまり触れません。

フィルターバブルという言葉は耳慣れない人も多いのではないでしょうか。これは、私達がインターネットを通して得られる情報が徐々に個別化していくことを指します。今まで検索してきた趣味嗜好に合わせて、情報は偏った形で提供されるかもしれないということです。これは非常に便利なことでもある一方、自分が知らない間に自分の得られる情報がどんどん自分好みに変わっていき、自分と近い意見を持った人の考えばかりが得られるようになり、視野が狭まり続ける可能性-しかもそのことに自覚することができない-が出てくるのです。これは利便性、アクセス可能性など様々な視点から議論がされるでしょう。もちろん、ポピュリズムの問題とも裏表です。

超監視社会もこれからを考える上で極めて重要です。最早企業は簡単にあらゆる情報を手に入れることができます。政府がもし複数の企業から十分な量の情報を受け取ることが出来るなら、その人のクレジットカードから住んでいる場所、よくメッセージをしている相手も良く行く店もどのくらいの資産をどんなことに使っているのかも手に取るように把握することが出来るようになります。そのような社会はフィルターバブルと同様便利でありながら恐ろしくもあります。

3.共同性の知

そして最後にあげられるのが共同性の知です。これは個人と対照的な存在です。最近のシェアリングエコノミーがその最も端的な例でしょう。所有は個人と密接に結びついて概念ですが、個人が所有するのではなく共同体によって所有する様々なモノ・コトが増えてきていることは何を意味しているのでしょうか。

これは1や3とも密接につながるところですが、要するに個人がもっと押し出されるはずだった現代においてSNSや感情による政治、それを促すテクノロジーの力に個別化を進めすぎて却って個人が失われていくような社会における共同性に着目することが重要だということです。

まとめ

今回は極めて簡単に概要だけをさらいましたが、哲学の最新キーワードから考えてみるだけで日本や社会の変化を捉える上で重要な視座がいくつか見えてきました。また、そこで課題として認識されることそのものも明らかになってきます。

政治における感情やポピュリズムの問題
宗教が力を持つこと、宗教と暴力の問題
AIの発達と人間との共生の問題
インターネット上の情報が過度に個別化する問題
あらゆる活動が監視可能になる/プライバシーの問題
個と共同体の関係性の変化(シェア)に関する問題

といったところでしょうか。これ以外にも様々な社会問題やそれを捉えるための考え方があると思いますが、まずはこの本からこのような論点を抽出出来たように思います。今後もどんどん課題やその課題を捉えるための考え方を整理していくつもりです。

連載「日本と世界の課題を丸くする」
vol.1 書評:小川仁志「哲学の最新キーワードを読む」
vol.2 ポピュリズムとは何か、そして抵抗としてのスローイズム(Slowism)
vol.3 再呪術化とは何か、理性よりも宗教が力を持つ時代で対話の道はあるのか
vol.4 哲学者がAIとシンギュラリティを恐れるのは、その知が【非理性的】だからだ
vol.5 無自覚なフィルターバブル、閉じこもることが可能なインターネット
vol.6 プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思
vol.7 アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ
vol.8 「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと
vol.9 2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です