ミサンドリー(男性嫌悪)とフェミニズムを一括りにしてはいけない

「男性を憎む」こととフェミニストであることは全く別のことであるはずなのに、なぜミサンドリー(男性嫌悪)の人は自分をフェミニストと自称するのか。ジャップオスといった侮蔑を含んだ言葉を積極的に使うなら、もう権利の主張を越えて

Read more

女性差別、男性差別を「同時に」視野に入れるジェンダー論という考え方

「フェミニズムは男性差別をしている」という指摘に対して、「いやフェミニズムにも色々あるぞ」という回答は不毛だ。ジェンダー論という名称で「男性女性問わず、性別に由来する社会的抑圧からの解放」を目的とした思想を育めないものだ

Read more

なぜ男性は生理について無知なのか-その理由、弊害、解決の手段

生理と聞いても「血が出る」「不機嫌になる」くらいしか知らない男性も多い。PMSを知らないどころか時期をコントロール出来ると思っている人も。生理の知識と男性の間には壁が存在している。でもネットの時代それを言い訳には出来ない

Read more

男性不妊は48%、不妊治療を女性だけの問題にしては決してならない

不妊治療は女性がするもの、不妊は女性が原因。そんな旧態依然の価値観で悩んでいるのであれば男性の診断も強く勧める。不妊治療の場合、男性側に原因がある割合は実に48%もあるんだから。まさか不妊治療を奥さんにだけさせてないです

Read more

フェミニズムv.s.反対派:個人の自由(多様性)と共同体主義の対立を丸める

決着のつく日が見えないフェミニズムv.s反対派の対立。結局元々の思想の違いは個人の自由(多様性)と共同体の関係についての考え方の違いにあるように見えるので丸めてみた。集団の存続と繁栄を絶対とするか、それより個人の自由を取

Read more

男性も総合職ではなく一般職に就く時代、会社中心生活の終わりへ

一般職と聞くと女性が無意識に連想される時代は終わろうとしています。そもそも総合職と一般職という区分けも無意味なものになっていく。それが働き方の多様性ある、目指すべき社会でしょう。結局転勤しないと偉くなれない仕組みから改革

Read more

英紙Independent:イギリス超名門大学がイスラーム系の一部のイベントを禁止

ロンドンにあるLSE(London School of Economics)が男女別のイスラーム系イベントを大学内で開催することについて許可しないということを明らかにしました。大学は全ての人にオープンであるという姿勢を強

Read more

正規より300万円年収が低い非正規社員の人生の先行きを誰が照らすのか

恐ろしいほどの格差があることはわかってましたが、まさにそれが浮き彫りになった形。正規と非正規での平均給与の差は実に315万円にもなることが報じられています。しかも、その格差は年々広がっています。大卒の1/4が非正規雇用の

Read more

AIがどんなに発達しても手書きの書類ばかりじゃダメだ

手書きにはぬくもりがあるかもしれないが、読み取りづらさという最大のデメリットがある。AI時代に対応していくためには手書きから卒業する必要が出てくるでしょう。読み取り性能が向上しても、書いた本人すら読めないメモがある限り期

Read more