生理をめぐる問題の解決策を模索するー男性向けの解説記事を作りたいー

多くの男性は生理について無知である。このことはもう明確だ。ならば、どうしたらその無知を克服できるのか、その解決策を模索するべきだ。SNSの力を借りて、この記事さえ読めば最低限の知識が身に付けられる、そんな解説記事を作りた

Read more

批判に応答する:政治的な映画を無批判に称賛することについて

ここ数日、フェミニズムとミサンドリーの関係について書いた記事がプチ炎上して多くの批判を頂きました。そこから更にフェミニズムに批判的な視線を向けた映画に関する感想記事にも批判を頂きました。それに応答するのがこの記事になりま

Read more

批判に応答する:フェミニズムとミサンドリーの関係、そして真に批判すべき対象とは

多くの方から批判を受けた「フェミニズムとミサンドリーの関係」について、全ての批判に対する応答として記事を書きました。これからも批判に対して常にひらかれた形で主張を続けていくつもりです。問題の本質はミソジニーにある、という

Read more

特集「フェミニストとは誰か」のはじまりに宛てて

一枚岩のイデオロギーなどない。イデオロギー内部のバリエーションの中で相互に正当化と批判をし合うのがむしろ健全なあり方だろう。近代家族の崩壊とともに今本格的に世に問われているフェミニズムについて様々な方のオピニオンを紹介し

Read more

ぼくだけのオピニオンメディア、を越えていく

弊メディア「四角い世界を丸くする」はこれまで一人で記事執筆してきましたが、今後多様なオピニオンを持った方々に寄稿していただく企画を行なっていきます。1つの論点について多様な意見に触れられる場を目指します。よろしくお願いし

Read more

インセル≒弱者男性? モテ男を憎み、女性を蔑視する差別主義者たち

最近トロントで痛ましい事件が起こった。車で何人もの女性を轢き殺した男は自身を『インセル』と主張し、自分の性的不満足を強烈な羨望と裏返しの破壊的な加害衝動に転換した上での犯行だ。インセルとはなんなのか、簡単に調べて整理して

Read more

フェミニストが男性の権利を直視するドキュメンタリー映画「The Red Pill」を見て

海外でフェミニストの反対を受けて上映が困難となった話題のドキュメンタリー映画が日本で初公開となったので観てきました。期待通り、想像以上に素晴らしい映画。単に男性の権利を訴えるのではなく、フェミニズムの正しさを訴えるのでも

Read more

2018年の論点本を4冊読んで見えてきた日本の課題と抜け落ちた視点

異なる立場を持った人の意見を、オープンで建築的な姿勢で聞きたい。相手や自分の主張の前提を掘り下げ、理解しながらも異なる主張を共有したい。それが出来るメディアとして、この「四角い世界を丸くする」を動かしていきたいと思ってい

Read more

「日本と世界の2018年の論点」を整理した3冊を丸めてわかったこと

「社会はこれからどうなるのか」を検討するとき、常に様々なトピックについて多様なオピニオンが提示される。そもそも日本や世界が抱えている課題とは何なのか、それについてどのようなオピニオンがあるのか。それをこれから少しずつ整理

Read more

海外で上映が一部禁止!? 男性の権利についての映画『The Red Pill』、日本上映の立役者にインタビュー

海外ではフェミニストに一部上映中止に追い込まれたドキュメンタリー映画『The Red Pill』日本上映の立役者に話を伺った。フェミニストである女性監督が男性論者と対話をする内に男性差別の存在を認め、困惑と克服を経験する

Read more

アメリカと同じ分断が生じる日本には、社会問題のwikipediaが必要だ

怖いのは対立ではなく、自分の持っている価値観や意見以外がこの社会にあることに無自覚であったり鈍感であることだ。自分の意見を固める情報を集めることは簡単だが反対意見を理解することは難しい。論点、主張、データと生の声を整理し

Read more

パートタイムと非正規雇用:女性の労働問題からすべての人の労働問題へ

「パートタイムのおばさん」は、今で言うまさしく非正規雇用。しかし、その問題が子育て後の女性に限定されていたときは社会問題にはなりませんでした。2004年の労働法改正が若い男女にまで非正規雇用を広げ、初めて社会問題化したの

Read more

プライバシーと超監視社会:利便性・自由・意思

インターネットが生んだのは多様でひらけた世界ではなく、むしろその全ての情報を追跡することが出来る未曾有のプライバシー侵害社会かもしれない。しかしそれによって生活利便性は急速に高まる。日本ではあまり話題にならない超監視社会

Read more